FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Category: 第1章

No image

READ MORE

See more details

第1章~エピローグ~

Comment  22
。°*エピローグ*。°ノーブル・ミッシェル城で突然のプロポーズをしたキースはそのまま城にとどまる事にしたパーティーが夜12時まであった事もあるが、いきなりの婚約発表でマスコミが大騒ぎし始めている混乱を避けるため、明日改めて記者発表をすると声明をだしたのだ「…やってくれたわね…」電話の向こうで抑えた声が返ってきた「前から申し上げていたはずですが…瑠璃と結婚したいと。お忘れですか?母上」キースがしらっというの...

No image

READ MORE

See more details

第1章―30話

Comment  29
キースとグレンはパーティー会場へと戻った「グレン、すぐに彼女に電話してやれ…お前からの報告が一番の薬だ」「ああ…わかってる。アンタもな」グレンはふっと微笑むと電話をするためにバルコニーに出て行ったキースは真っ直ぐに瑠璃の元へと歩いていく瑠璃の前ではアランが仁王立ちになっていた「アラン、ありがとう」キースが肩に手を置く途端にふぅ~と息を吐いた「よくわかんないけど…一杯睨まれたぞ」キースは笑いながらアラ...

No image

READ MORE

See more details

第1章―29話

Comment  13
ノーブル・ミッシェル城でのパーティーも終盤にさしかかった頃、ゼンが6人の王子を呼びにきた「イザブール王国のミリア王女様がお話がなさりたいと別室でお待ちですが…」6人は顔を見合わせた「6人全員…?」「どういう事?」「…とりあえず行きますか…」それぞれに歩き始める「瑠璃…」キースは瑠璃の肩に手を置いた「行ってくる」「はい…」瑠璃が不安そうにキースを見上げるふっと微笑むとキースは瑠璃の頬に手を当てた「そんな顔す...

No image

READ MORE

See more details

第1章―28話

Comment  4
イザブール王国のミリア王女がくる舞踏会の日がやってきた「無理させてすまない…」キースはノーブル・ミッシェル城へと向かう自家用ジェットの中で瑠璃と並んで座っていた数ヶ月ぶりのこの空間に感慨深くなるまたこんな日が来るとはまだ想像もできなかったあの頃…キースは久々にドレスを着た瑠璃を見つめた「最初だけだ。あとは部屋を取ってあるから休んでろ」心配そうなキースの顔に瑠璃はにっこり微笑んだ「大丈夫ですよもぅ…い...

No image

READ MORE

See more details

第1章―27話

Comment  3
瑠璃は車椅子に乗ったままバルコニーにいた空はどんよりとして肌寒いが今は外にいたかったするとふわっと肩にストールがかかる「あ…キース様」瑠璃は振り返ると優しく微笑んでいるキースの瞳が目の前にあった「体に障るだろ…」キースの腕が後ろから寄せられ、そっと抱きしめられる「ほら…頬も耳もこんなに冷たい…中にはいれ」冷えた耳や頬を暖めるようにキースの唇が寄せられた車椅子を押して部屋の中に入った「瑠璃」キースは部屋...