FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Category: 第8章

No image

READ MORE

See more details

第8章-168話

Comment  1
シヴァに命令されてマグレイン家にもぐり込んだローズというメイド実は…「ローズちゃん、報告お疲れ~」ドレスヴァンのジェシカ直属の部下だったつまりドレスヴァン→リバティ→マグレイン家のWスパイのちにキースになりすましたリュークと一緒にリリィになりすまし、思いっきり《あの時の声》を熱演してティナを騙すグッジョブをするメイドだったそのローズが気付いた「ジェシカ様ぁ…マグレイン家に出入りするどこかの貴族っぽい執事が...

No image

READ MORE

See more details

第8章-167話

Comment  1
リリィは子宮癌が他の臓器にも転移していて余命いくばくもないしかも抗がん剤で髪が抜けるなど容姿が変わることが嫌で治療を受けないだから何とか治療を受けるように説得してほしい今やリリィを説得できるのはキースしかいない…というのがキースを誘い出すシナリオだとエミリーは聞かされた『キースは意外と情が深いのですよ。こんなお涙もののストーリーを聞かされたら文句を言いながらも必ず来る…そう言う奴です』アンドリューは...

No image

READ MORE

See more details

第8章-166話

Comment  2
エミリーの元にアンドリューから連絡が来たのはエドワードに伝言を伝えるべく任務を言われた翌日だった『無事エドワードに伝えてくれたようだね』「はい…エドワード様も大変ご心配してくださいました…ですから心苦しいですリリィは余命が少ないなんてウソをついて…」『仕方ありません。そうでもしなければキースは動かないからね』電話の向こうでくくくっとアンドリューは笑った優しいエドワードはリリィの事を聞くと心から心配して...

No image

READ MORE

See more details

第8章-165話

Comment  1
パリスの屋敷の応接室は依然として緊迫感のある空気に包まれていたジャンに頬を張られたニーナは呆然としたまま頬に手を当てていたそれに対して誰も何も言わない誰もジャンを止めなかったつまりどこにも味方はいない事を改めて思い知らされる目の前のキースは今にも飛びかからんばかりにニーナを睨み付け逆にウィルの冷め切った氷の視線が突き刺さる「キース狙撃に関してはアンドリューは無関係だと言うのですね」ウィルの声が張り詰...

No image

READ MORE

See more details

第8章-164話

Comment  1
「どういうことだ!」シヴァはキースの執務室に向かう途中でリュークを見つけていきなり胸ぐらを掴んだ「なっ!なんなんですか!?」壁に押し付けられたリュークは必死に抵抗するが、それ以上の力で押さえ付けられ動けなかった一応護身術を習っているリュークが身動きできないのだからシヴァの技術の方が上回っているようだ「お前にキースのお妃候補だった連中のリストを渡したよな!」「はぁ…い、頂きましたが」「その上でマグレイン家に気...