FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Category: 第2章

No image

READ MORE

See more details

第2章―22話

Comment  10
ノーブル・ミッシェル城から6ヶ国の王子に対してパーティーの案内状が届いたこれを機会にリバティでの合宿はお開きとなったやっと全員が帰って行った「やっと静かになったなぁ」キースが伸び伸びと背中を伸ばす「さて…たまった仕事かたづけるか」キースは意気揚々と執務室へと向かっていった瑠璃はその姿を微笑みながら見送り、ついさっきの事を思い出して顔を熱くしていたそれはほんの1時間も前の事帰り支度をするウィルの部屋に顔...

No image

READ MORE

See more details

第2章―21話

Comment  3
ウィルは携帯の通話ボタンを静かに切った長い長い電話だった最初はびっくりしていたウィルからの電話…そして―婚約解消―「ジェルマン家には何の落ち度もない…全て俺のわがままだという事にすればいい…」ウィルの言葉に電話の向こうでセシルは泣いていたウィルに婚約解消された事が悲しい訳ではない事をウィルもセシルも…そしてそばにいるであろうスティーヴもわかっているまずは…国王と王妃を説得しなければ…そしてジェルマン家への...

No image

READ MORE

See more details

第2章―20話

Comment  4
「…一目惚れだった」誰もいない丘の上に一本だけある大きな木…その前で片足だけを抱えて座るエドワードが小さく微笑んだそのエドワードに背を向けるようにキースはポケットに手を突っ込んだまま木にもたれていた「初めて花屋の前で逢った時から…いや、その前か…惹かれたから声をかけたんだ」キースは黙って聞いている「本当に天使だと思った…」「確かに…美人だったな」キースは苦笑いを浮かべた「お前がドレスを与えてメイクを施し...

No image

READ MORE

See more details

第2章―19話

Comment  9
リビングにはリハビリを終えて一段落をした瑠璃と真鈴とジョシュアがくつろいでいた「結構…筋肉痛…」瑠璃が足腰を揉むのを真鈴が見て小さく笑う「ジョシュア様と一緒だと手加減無しだから…」「優しくしている方だが?」心外だというようにジョシュアが言う「大丈夫ですよジョシュア様キース様も手加減なさらないので慣れてますから」「あんなに過保護なのにか?」「今はこんな状態だから甘いですが…前にサーフィンを教えていただい...

No image

READ MORE

See more details

第2章―18話

Comment  3
エドワードは凄いスピードで流れていく風景を見ながら多少顔をひきつらせていた「キース…スピード出しすぎ…」「一般道じゃないから構わねーだろ」確かに高速道路ではあるけど…涼しい顔をしてハンドルを握るキースの横顔をみてエドワードはため息をつく「せめてSPは…」エドワードの言葉にキースは視線を上に向けた「俺だけならつけないが、今日はお前が一緒だからつけといた」エドワードが不思議そうに窓から上を見るとヘリコプター...