FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Archive: 2012年10月

No image

READ MORE

See more details

第7章―203話

Comment  2
やがて、謁見の間の扉が開き、1人の執事が入ってきた「……っ」ウィルはその顔を凝視したそれはリバティ国王、アレック、ランスロットも同じだった執事らしく深々と一礼をしてピンと伸ばした背筋をぶれることなく彼はそこに立っていた「…フィリップ王室専属執事のビリーでございます…」クロードはビリーを自分の横に立たせるとリバティ国王に頭を下げた「…これは…」絶句するリバティ国王の横でアレックは冷静に2人の男を見比べた「...