FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

海の彼方から…王子×ショコラティエ part.27

話しながら苦しくなる

一吹さんに大切にされてるってこんなに実感しているのに、まだいろんな女性の影に怯えてるなんて

1人思い悩んでいた事を実際口にすると改めて自分の弱さを思い知る

もうShizukaさんはいない

フランスでモデルの仕事をするって言ってまた行ってしまった

M・O・Fホテルの令嬢は両親から勘当されたって聞いた

それ以上は一吹さんも教えてくれない

本当は教えて欲しい…

見えない影に怯えるのは嫌だ

でも聞けない…

「まぁ…あのオーナー、モテるからねぇ」

ジェシカさんは同情したように何度も頷いた

「モテる上に女性全てに優しいし、フェミニストで…あら?どこかの国にそんな王子様いたわねぇ~…」

ジェシカさんが笑うと真鈴様も小さく笑った

どこの国だろう?

とりあえずジョシュア様じゃないだろう

「うちは一番ないわよ󾬄パーティーは社交の場なんだからいろんな貴婦人と踊らなきゃいけないのに真鈴様以外の手を取らないんだから!呆れるでしょ?」

ジェシカさんは心底呆れたように肩をすくめた

羨ましいな…ちょっと

一吹さんはそれをできないタイプだと思う

それはそれで彼のいいところでもある…としよう

「自分で納得して消化するしかないわよね~女ってつらいわ󾬄」

ジェシカさんは心身共に女なのね…

「今度、シャルルとアルタリアのプリンセスを紹介するわ󾬄意気投合できるわよ~󾬏」

まるでコンパのセッティングをするようにジェシカさんは笑った

「一度そのホテルのご令嬢の消息を確認した方がいいわね」

真鈴様は真剣な表情で考えてくれた

「なぁにがご令嬢よっ󾬄たかが日本の中に1軒だけあるホテルのオーナーの孫娘なんでしょう󾬅ドレスヴァンの末端貴族の耳垢程もないわよ󾬄そういう極小セレブ程権力を振りかざしたいのよね󾀄󾀄ああ󾬄ムカつく󾬄」

「結構大きなホテルなんだけど…」

真鈴様の方が私の感覚に近いのかもしれない

そうよね、ほんの数年前までは普通の大学生だったんだもん

「私の可愛い友達を泣かすような女はギッタンギッタンに切り刻んでサメの餌にしちゃうから󾬄」

「…ちょっと賛成しきれない所はあるけど、私も同じ気持ちよ」

真鈴様はそっと私の手を握った

「私も応援するから、幸せになってね」

はい…

私は目頭の奥を熱くしながら真鈴様の手を握り返した


~つづく~

Category - 王子×ショコラティエコラボ

3 Comments

chika  

怒り沸騰型は同類ですな(笑)

2014/07/21 (Mon) 22:36 | REPLY |   

はやみん  

ジェシカさんが
キース様に一瞬見えました(゜ロ゜)

2014/07/21 (Mon) 20:31 | REPLY |   

織姫  

やっと
華恋ちゃんの胸の奥が
解放されましたね(*´ω`*)

真鈴様も
この女子会で
元気になられたらいいな~(*^^*)

2014/07/21 (Mon) 08:52 | REPLY |   

Post a comment