FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

海の彼方から…王子×ショコラティエ part.41

しばらくして潤君が帰ってきた

もちろんメイドさんと一緒に

「どうだった?」

一吹さんの声に潤君はウーンと顔をしかめた

「ホームページには問い合わせがいっぱい来てたよ。噂は本当かって」

昨日チェックした時は何にも無かったのにと潤君は悔しそうに呟く

「Twitterで噂が出回ったんだよ。だから凄いスピードでさ」

それは早いだろう…

「それに…」

潤君は言いにくそうにチラッと私を見た

…?なぁに?

「レ・クランはショコラティエじゃない素人をキッチンに入れて手伝わせてる。その素人は雑誌記者で、その会社でも食中毒が起きているから、原因はその雑誌記者だって…」

…ええ?

私…っ?!

思わず声が裏がえってしまった

そんな…

会社で食中毒だなんて聞いてないし!

すぐに優里に電話してみる

『こっちにも問い合わせの電話がいっぱい来てるわよ!もちろん会社で食中毒なんて出てないし!デマにもほどがあるわ!』

電話口でまくしたてる様子からかなり電話がかかってきてるんだなって推測できた

「華恋ちゃんを標的にしてる…」

一吹さんが拳をぎゅっと握った

それが誰を示しているのかも…

「…で、わかったの?」

ジェシカさんがメイドさんに視線を移すと、彼女ははいっと頷いた

「M.O.Fホテルの内部コンピューターに侵入しました。複数の従業員にレ・クランで食中毒を起こさせられたと情報を拡散するように命令したメールを発見しました」

メイドさんは当たり前のように言ってプリントアウトした用紙をジェシカさんに渡した

内部コンピューターに入る…って正真正銘ハッキングよね?

「発信者は…こいつね」

ジェシカさんが読み上げた名前は令嬢そのものだった

勘当されたはずなのに

まだ社内で命令できる立場にいる

まだ…私を潰して、レ・クランを手に入れようとしている

そして一吹さんの事も…

私が引かない限り私の名前でレ・クランを潰そうとしている

私が別れたら、自分が救いの手を差し伸べて、一吹さんを離れないように縛り付けようとしている

まさしく女郎蜘蛛のように…

ゾックっと背筋が震えた

冷たい汗が背中を流れていった

「…大丈夫だよ…必ず守るから」

一吹さんはギュッと私の手を握ってくれた

「そんなきれい事言ってる場合じゃないぞ」

仁さんが仁王立ちで腕を組む

「なんでさ!このメールを公表しちゃえば一発じゃん!」

潤君が言うと三斗希君もうんうんと頷いた

「これは不正なルートで手に入れたものだから…証拠にはならないんだよ…」

一吹さんは睨みつけるようにメールをプリントアウトした用紙を凝視する

一吹さんの言う通り…

ハッキングは違法行為

だからそれで手に入れた情報を表に出しても逆に攻撃される弱みを与えてしまう事になる

「そんな…」

潤君はがっくりと肩を落とした

せっかく見つけてくれたのに…ごめんね

「だが、最低でもあの女が未だに力を持ってM.O.Fホテルに影響を与えてるって事がわかったんだ。よくやった」

仁さんはガシガシっと乱暴に潤君の頭を撫でた

「とにかく誤解だとせめてホームページには載せよう。すぐに文面を考えるから、潤、頼めるか?」

「アイアイサー!」

潤君が満面の笑みで一吹さんに敬礼を返した

「あとは俺と三斗希で充分だ。お前達はそっちを対処してこい」

仁さんの言葉に一吹さんはふっと微笑む

「ああ、任せたよ」

一吹さんが仁さんの腕をポンと叩いた

あの何でも背負う一吹さんがようやく人を頼った

仁さんもにっと笑って頷く

「我々の事は気になさらずに…善処致します」

「また必要なら言って頂戴ね~󾬏バズーカーでも戦車でも用意するわよ~ん」

ジャンさんとジェシカさんの心強い(?)応援を受けて一吹さんは頭を下げると潤君と走って行った

…行っちゃった




急に涙がポトッと落ちた


~つづく~

Category - 王子×ショコラティエコラボ

3 Comments

chika  

本家がどういう結末にするかわからないけど、コテンパンにしてやりたいの(-.-#)

恋ゲーらしく穏やかに済ますつもりはこのお城ではないわよ~

オーホホホホ( ´艸`)

私はどSですから(笑)

2014/08/29 (Fri) 22:42 | REPLY |   

Kまる  

本当!!しぶとい女郎蜘蛛め(*`Д´)ノ!!!
バズーカ借りて、地の果てまでドカーンと吹っ飛ばしてやりたーい!!
それでも這い上がって来そうだけど( ̄^ ̄)
痛い目にあわせてあげなきゃ気がすまないわ。。。
ま、でも、アナタがあの手この手で汚い事すればするだけ、一吹さんとの絆が強くなって…
葵井家の皆や周囲の仲間との結束力もupしてるって事に気付いた方が良いわよ。オホホ(* ̄∇ ̄)ノ

2014/08/29 (Fri) 16:28 | REPLY |   

yc  

女郎蜘蛛…。
こんな女、好きになる人なんていないよね~。
お金と家柄とそこそこの美貌?で、「手に入らないものなんてないのよ?ふふっ?」だったんだろうね。
でも残念。華蓮ちゃんと葵井家の兄弟は、[心]を大切にして、気がつけば、どんどん素敵な絆で味方を増やしてるのです。
首洗って待ってろよー!!懲りずに手を出したこと後悔するんだから!!

続き、楽しみ~♪

2014/08/28 (Thu) 23:04 | REPLY |   

Post a comment