FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

海の彼方から…王子×ショコラティエ part.58

一吹さん、眠れないのかな…

私はそっと手を伸ばして一吹さんの額の髪を梳いて撫でた

「心配してくれたの?ありがとう…」

小さく微笑んで一吹さんは私の額に唇を当てた

「仁は気にするなって言うけど…」

そうはいかないよね

あの老舗のM.O.Fホテルが前触れもなく突然消えた

ううん

消された

そしてオーナーである山吹財閥が国税局、いわゆるマルサに踏み込まれた

確かに経営してたら100%クリーンではいられないだろうけど…

浅葱社長の話だと山吹オーナーの節税対策という名目の脱税方法は巧妙で、国税局でも立件が難しい為に見送られてきた部分が大きいらしい

それを一気に踏み込んだのと、ホテルの解体が同じ日というのは偶然過ぎる

「多分ホテルか家かどちらかに証拠の書類とか隠し財産とかあったんじゃないかな。同時に攻められたら持ち出せないしね」

きっと銀行口座も同時に封鎖されたと思う

「そんな事が偶然に起こるはずないし、個人のレベルでなんて絶対無理だ…大きな手がぎゅって握り潰したんだ」

一吹さんは天井を見つめたまま呟いた

大きな手…

それがドレスヴァン王国のジョシュア王子の手なのか

「その証拠もないけど…あまりにも俺達に都合よく事が運びすぎて…ちょっと恐いね」

うん…

一吹さんは私の頭を抱き寄せた

「俺達一般人じゃ想像もできない大きな渦が巻いていて、俺なんかはぐるぐる回される木の葉みたいで…そんなので華恋ちゃんをちゃんと守れるのかな…そう思ったら寝れなかったんだ」

「木の葉は木の葉でも一吹さんは沈まない木の葉ですよ…で、私はそこに安心しきって乗ってる蟻さんです」

言って自分で笑っちゃった

随分都合のいい蟻さんだ

一吹さんもちょっとキョトンとしたけどクスッと笑ってくれた

「随分と肝の据わった蟻さんだね」

そう…?

「船が揺れても中でバランス取ればひっくり返らないものです」

「俺が激流に飲まれても華恋ちゃんはバランス取ってくれる?」

「もちろん!」

「そっか…夫婦ってそういうものなのかな…」

夫婦…

なんか、今の自分にはまだなじまない言葉かもしれない

でも…一吹さんと一緒に一生生きていく

それってきっとそういう事だ

1人じゃなくて2人で生きていく

「1人じゃない…」

うん…そう

一吹さんはそっと頬を撫でた

使い古された言葉だけれど

苦労は半分に
喜びは2倍に

いつも2人で…ね

優しい瞳に思わず微笑んでまぶたを閉じると

ゆったりと暖かい唇が重なってきた


~つづく~

Category - 王子×ショコラティエコラボ

1 Comments

chika  

season4の両エンド目指しながらseason5始めて、season4両エンドできたからシークレットストーリーいって…ぐちゃぐちゃです(笑)

これからショコラティエやってみようと言う人はとことん一吹さんだけとか、仁さんだけの方がいいかもね~

もしくは大人買いですっきり終わらせるか

三斗希君はどこから止まってるやら(笑)


だから本編と辻褄が合わないところが出てきても笑って流して(*^▽^*)

2014/09/29 (Mon) 17:47 | REPLY |   

Post a comment