FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

海の彼方から…王子×ショコラティエ part.64

写真がどんどん出てくる

エドワード王子をあーんとさせてショコラを食べさせようとしているロベルト王子

三斗希君と肩を組んでるグレン王子

横を向いているキース王子のコーヒーカップにコッソリ砂糖を入れようとしているロベルト王子

ウィル王子になぜか頭を撫でられていて怒っているグレン王子

ジョシュア王子と真鈴様の間に割り込んでくるロベルト王子

真剣に仁さんの手元を見るロベルト王子

真面目に一吹さんからショコラとチョコレートの違いをレクチャー受けるロベルト王子

…やたらロベルト王子が多いな

そして…

これは最後にジャンさんが撮ってくれたんだ

6人の王子様と真鈴様、葵井家4兄弟と私

12人の集合写真

思えばほぼ同年代

19歳の潤君から33歳の一吹さんまでの間にすっぽり収まる

それに私服の王子様達はごく普通の男の人に見える

普通よりは遥かにイケメン揃いだけど…

会社の慰安旅行みたいって言ったら失礼かな

「この…集合写真もいいって事ですか?」

「だろうな」

編集長の顔は崩れっ放しだ

それって結構なスクープなんじゃ…

「結構どころじゃないぞ!大スクープだ!」

プライベートな王子様

顔出しNGのプリンセスの初素顔

垣間見える6カ国の絆

「プロじゃないど素人のお前が仲良くなったからこそ撮れた写真だろう。いやぁ!よくやった!大金星だぞ!一ノ瀬!」

「これは今年度の社長賞をやらんとな!特別ボーナスも出そう!」

社長までがバシバシと私の肩を叩いた

何かよくわからないけど…

よかった!




その日の夜、私の報告に葵井家も湧いた

「凄いじゃん!一ノ瀬ちゃん!社長賞に乾杯!」

潤君が大袈裟にグラスを上げた

「ドレスヴァンも太っ腹だな」

仁さんがビールを飲み干して手酌で注ぐ

「まさかプリンセスの顔公開までするとはね」

一吹さんも表情を緩めて私にワインを注いでくれる

私も嬉しいけど…

社長まで大喜びするほど?

私が首を傾げると仁さんが口角を上げてにやっとした

「ジョシュア王子とプリンセスの写真を公式に使いたいって言ってきたって事は、当然ネガはドレスヴァンが一ノ瀬の会社から高額で買い取るんだろう。ン百万だろうな」

へ?

あの写真1枚で?

「下手にお前の会社に保管させておいたんではいつどこで悪用しようとする輩に利用されるかわからないだろうが。だからドレスヴァンがいくら高くても買い取って自分達で管理した方がいい」

そっか…そうだよね

「あれは一ノ瀬さんが個人的に撮ったんだから、著作権は一ノ瀬さんにあるんじゃないの?」

三斗希君が言う

それも一理ある

「じゃあ一ノ瀬ちゃんがドレスヴァンからがっぽり貰わなきゃ損じゃん!」

潤君の言うのも確かに…

「そんな事したら編集部に居づらくなるよ」

一吹さんが苦笑いしながら潤君の頭を指で突っついた

「華恋ちゃんがこれからも働きやすいように、敢えて編集部から買い取るようにしたんだと思うよ」

それはジャンさんの気配り…?

「多分ね」

目先のン百万より、これからの仕事のやりやすさを優先してくれたんだ

良い人…っ!

「本人に言ってもジョシュア様のご意志ですとか言うんだろうね。執事って大変だ」

三斗希君はウーロン茶を手にしたまま肩をすくめた

「できる大人にゃ適わないかぁ!紫音ちゃんは諦めよう…」

潤君がテーブルに突っ伏した

紫音ちゃんって?

誰?

「うちの常連さんで、真鈴様の妹だよ。超可愛くってさぁ~!俺や連れ達、みんな狙ってたのに…よりによってジャンさんと付き合ってるんだって…!もう!ジェシカ姉さんに聞いてからショックでさぁ~!」

「また潤の春が遠のいたね…ジャンさん相手じゃね」

「アホか。遠距離恋愛なら近くにいる方がチャンスあるだろうが」

「女の子はいつもそばにいてくれる人の方に惹かれると思うけど…チャンスあると思うよ」

…恋愛初心者の弟達と、挫折知らずの次男と、場数踏んでる長男の違いを見た気がした

そんな和気あいあいの夕食を終えてコーヒーを入れ始めた頃

ようやく『ドリアポス』の話になった



~つづく~

Category - 王子×ショコラティエコラボ

4 Comments

chika  

一吹さんはずーっと甘いカフェオレみたいな人
仁さんは苦味のあるエスプレッソ

だからたまに甘いと「美味しい~♥」ってなっちゃう( ´艸`)

仁さんいいよね~ヾ(^v^)k

2014/10/11 (Sat) 18:15 | REPLY |   

yc  

ん~…それってやっぱり〈たらし〉ですよね、一吹さん(笑) でもきっと女子にとっては〈アクセサリーな男〉でもあったのかな。うん、お互い様かな?
その点、仁さんは、浮わついた気持ちなく付き合ってくれるのかな。彼女いなきゃいないで
平気そうだし。

最初はストレートに優しい一吹さんに惹かれるけど、不器用な優しさに気づいたら、仁さんが気になって仕方がなくなるかなぁ…あたしが華恋ちゃんだったら(笑)

2014/10/11 (Sat) 17:09 | REPLY |   

chika  

そうね~(笑)一吹さんにしたら《初めて》好きって感情を持てた女の子
仁さんは心を通わせてきたけど、《初めて》安らぎを持てた女の子なんじゃないかな~

一吹さんの彼女が華恋ちゃんなら仁さんの彼女は誰か見つかりそうだけど、仁さんの彼女が華恋ちゃんなら、一吹さんは一生独身っぽい(笑)

2014/10/11 (Sat) 14:41 | REPLY |   

yc  

6か国の王子様たちは、ほんと優しいね。
華恋ちゃんたちが、負担に思わないように助けてくれてるんだよね?
まあ、ドリアポスの制裁は、ちょっと一般人には過激だけど。

挫折知らずの次男と、場数踏んでる長男の、華恋ちゃんに会う前の恋愛ってどんなだったんだろ~?
華恋ちゃんとの恋愛で、初めての感情が多々あるけど、一吹さんは、フェミニストの微笑みの下で、クールな感情ですもんね。
押して押してな仁さんも想像つかないし。

やっぱりこの二人、寄ってくるなかで、好みの女の子チョイスして付き合ってたのかなぁ?

2014/10/11 (Sat) 13:26 | EDIT | REPLY |   

Post a comment