FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

すぐそばにある光~ケヴィン~5

Category - season2番外編
仕事は自分がやっている執務と根本的には一緒だ

だからすんなりと理解はできた

問題は……だ

執事としての仕事だ

キース王子が今、どんな状態で、何を欲しがって、だからどの茶葉を選んで入れればいいのかなんて

わかるかっ!!

爆発しそうになる俺をアレックは上手にサポートしてくれた

おかげで特大の雷は落ちずに済んでいる

はぁ…

爺様、めんどくせー!

確かにこんな細かい日常まで伝記に残らねぇよな

俺が知っている70過ぎたキース王子ってぇのは大分丸くなってるんだ

そりゃあリュークが今でもビビるわけだ

俺は大きなため息をついた

たまには庭に出てみるか

今、キース王子は国王と打合せ中で俺の出番は無い

ちょっとした息抜きだ

俺は宮殿から出て庭に降りた

ぐるっと見て…

あんまり俺のいるリバティ城と変わんねえな

代々花とかに興味がないんだろう

見栄えのいい、やたらさっぱりとした庭になっている

ただちょっと違うのは…

小さな菜園があった

あれはミニトマトか

まだ若干青いから収穫には早いな

そんな事をぼんやりと思っていると、不意に声を掛けられた

振り向くと車椅子に乗った女性がメイドに押されてこっちに来ていた

「あら、リュークさん休憩ですか?」

にこやかに微笑まれて一瞬固まった





…可愛い




最初の感想だった

何だろう

このリバティ城とイマイチ似つかわしくない温かさは

彼女は誰だ…?

ああ、確かキース王子には妹がいたはずだ

俺の時代にはもう亡くなっていたけど…

病弱だったって聞いている

名前は確かキャサリン…様だっけな

頭をフル回転させて王族の系図を思い出す

ならばこの城の王女だ

俺は1歩下がって頭を下げた

「どうかしたんですか?リュークさん」

小首を傾げる姿がまたドキッとさせる

ん?

リュークさん?

王女が執事にさん付けするか?

「キース様に無茶言われてお疲れです?ちょっと休憩されますか?」

彼女は周りを見回してベンチに目を移した

キース様…

妹ならそう呼ばないよな

「瑠璃様はリュークさんに甘すぎでしゅよ」

車椅子を押す小太りのメイドがそう言って笑った

「だって…リンちゃんはそう思わないの?」

車椅子の女性が振り返りつつメイドを見上げた

…ちょっと待て

今、なんて言った?

先に脳の中で若かりし頃の目の前の人物と、俺の時代の人物が結びついたのはメイドの方だった

リン!

そうだ!

うちのメイド長だ!

城の中で唯一リュークに小言を言える大ベテランのメイド長!

俺も随分世話になってる

つい数日前に

「私はアンドリュー様のオシメを一番替えたメイドでございます!何回お小水の噴水を浴びた事やら…」

って言われたっけ

あのメイド長の50年前かよ!!





…あんまり変わってねぇな





それよりだ!

『瑠璃様』って…

そうか…

彼女が後にキース王子と結婚して、俺という孫が産まれるんだ

…おばあさま…







…超可愛いじゃねえか!



~つづく~

拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏

Category - season2番外編

2 Comments

chika  

ララぽんさんお久しぶり~

お久しぶりですぅ~

結局外から見たら 主の彼女に横恋慕する執事…に変化なし(笑)

リンちゃんは相変わらず痩せません…ごむまりちゃんです

2014/11/13 (Thu) 07:23 | REPLY |   

ララぽん☆  

ご無沙汰してます

おおっ、リンちゃん出てきましたね♪

50年後はメイド長って偉くなったのね~
滑舌悪いのも直ってる(笑)

ぽっちゃりと滑舌の悪さが持ち味のリンちゃんが
好きです♪


お祖母様に一目惚れのケヴィン(リューク)…
これからの展開も楽しくなりそうですね♪

2014/11/13 (Thu) 01:07 | REPLY |   

Post a comment