FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

【再演】ジョシュアの回想

Category - 番外編
3歳から別のお城に住んでる

父上がダメだって…

一緒に住むのは甘えるから…

立派な国王になるには、1人ぼっちにも耐えれなきゃだめなんだって…

だから僕のお城には年取った爺やと婆やと家庭教師ぐらいしかいない

幼稚園に行くとみんなお母さんの話しをいっぱいするけど…お母さんがよくわからない…

お父さんと遊園地行ったとか…

何しに?

遊ぶって?

お母さんとお風呂…?

わかんない…

きっと、そういう事するのは「お父さん」や「お母さん」であって、僕の所は「父上」と「母上」だから違うんだ…

そう思ってたのに…

ある日父上から呼ばれて本殿にいった

そしたら他の国の国王様と王妃様がみえていた

あと…ちっこい奴

なんか王妃様にくっ付いてた

こんにちは…って挨拶したけど、ぷいっと王妃様にくっついて無視された

可愛くない…

「やはり3歳になっても手元に置くつもりか?」

「いくつになっても置くつもりだが?」

「独立心が育たんぞ」

「独立心より愛情を育てんとな」

「甘いな」

「なんとでも」

なんか父上と喧嘩してるのかな…

ちょっと怖い…

泣きそうな顔してた…?

あれ…急に頭が撫でられた

みたらちびっこを抱いてる王妃様がにっこり笑ってた

おいでってされた

隣のお部屋で赤ん坊のオシメ替えるんだって

まぁ…替えるのはメイドなんだけど

オシメ替えたらまた抱っこされて…寝ちゃった…

気持ち良さそうだな…

…いいな…

…ぐすっ…

な、泣いてんじゃないぞ!
ただ…いいなって…

そう思ってたら…抱っこされた…

(真っ赤…!!)

膝の上に抱っこされて…ぎゅっ…てされた

暖かい…お母さんって…暖かい…

よくわかんないけど…

いっぱい涙でてきた

わんわん泣いた

ずっと抱っこしてくれてありがとう…



もう、20年位たつから…
そんな事、王妃様はお忘れだろう…

だが俺は忘れない

唯一の「お母さん」の思い出だから…

だからたまにリバティ城に行くとドキドキとほんわかとする


ただ…そんな事…

生意気なちっこい奴が更に生意気になってるから…
絶対言えるものか…!!


󾀼END󾀼
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 番外編

1 Comments

まひろ  

泣ける~(。>ω<。)
泣いちゃうよ~!!

ジョシュアがキースと兄弟で、リバティの王子様だったら無敵だ!
ロベルトとエドワードならすぐ植民地化
(笑)


2014/11/20 (Thu) 19:59 | REPLY |   

Post a comment