FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

危険な甘いショコラ~ショコラティエ×特捜~part13

喫茶二課…ううん、カフェ二課とは警視庁の中だった

いいの?!私が入っても…

「証拠確認…」

なんの?

「あんたが野村さんの袋かもって言った紙袋」

あっ!!

そうだった!

私は前を歩く浅野さんに詰め寄った

「野村さんどうなったんですか?た、たた逮捕されちゃったとか?!」

慌てる私に花井さんがふっと笑う

「警視庁の幹部が逮捕されたらさすがにニュースになるだろ」

「…ですよね」

副参事官だっけ

踊る大捜査線の室井さんぐらい?

あの人はもっと上かな

何にしてもキャリアって言われるエリート幹部さん

その人を犯人かもって言っちゃったんだった!

浅野さんがふわふわっと笑った

「雨の次は突風が吹いたみたいな顔した…面白い」

お、面白い?

「浅野の最高の讃辞だ」

そうなの?

褒められてるわけ?

花井さんもやっぱりよくわからない…

そのままとある部屋に連れていかれた

「お帰りなさい!お疲れ様です!」

元気な声が響いた

瀬名さんだ

「あれ?一ノ瀬さん?」

見回すと、1度は見た事のある人達がいっぱいいた

瀬名さんでしょ

瀬名さんの彼氏だっていう上司で、野村さんが洋君って呼んでた人でしょ

チラッとだけ見た背の高い人
関西弁だったっけ

花井さんに浅野さん

「…とエイッキー」

「忘れてってば!」

八千草さんが頭を抱えた

それから、この人は初めまして、かな

「はい。京橋と申します。この二課の道徳担当です」

「はぁ?どこがやねん!」

「道徳の意味知ってるのか?」

「習いたくありません」

「…不道徳の鏡」

「変態マスク仮面!」

「お前たち仲いいなぁ」





一斉に喋り出した

なんなの この集団…

あ然とする私を忘れたかのようにワイワイしてる

警視庁の中よね?

「気にするな。これが二課だ」

花井さんがポンッと肩を叩いた

「作ったのが野村さん…」

さり気なく浅野さんが花井さんの手を払いのけた

「野村の事、気にしてるのか?ちゃんと取り調べてシロだと判断したから大丈夫だ」

「ボス自ら締め上げたから安心していいで」

ボスと言われた課長さんと背の高い関西弁の天王寺さんがにっこり笑った

「天王寺さん、そんな言い方したらまた一ノ瀬さんが気にしちゃうでしょ!」

瀬名さんは私を庇うように前に立ってくれた

「えっと、説明するね!
ホワイトデーにレ・クランさんのボンボン2個入りを45個買った野村さんは…」

「2万7千円…」

浅野さんが電卓をぽちっと押す

本当、上得意様だわ…

「それをあの紙袋に入れて警視庁の副参事官室に持ち込んで」

偉い人は個室なんだ…

「バレンタインデーにチョコをくれた庁内の女性職員、婦警に配ろうとしたところ…」

「45人全員のフルネームと所属を把握しているあたりがさすがです」

…京橋さんは意表をついた感想を言う人なのね

「急に長官から呼び出され、これは長引くと諦めて紙袋ごと、秘書課の女性職員に渡して配るように指示したそうです」

秘書課の人ってそんな事もするのね…

「で、秘書課の女性職員は32個配ったところで、残り13個は警備部の分だと言うことで、袋ごと警備部の女性職員に渡したそうです」

「なぜか警備部には野村さんのファンが固まってるんだよね」

八千草さんが肩をすくめた

「警備部の女性職員がその日に出勤していた8人に配って、残り5個は冷蔵庫に入れて、紙袋はエコボックスに入りました」

ああ、うちの編集部も紙袋とか取っておくなぁ

どこも一緒ね

「翌日、出勤した警備部の男性職員が防災訓練の時の作業着を総務部から取りに来るように言われて、紙袋を持って行ったんだけど、ダンボールに入っていたので紙袋はそのまま総務部に置かれて、またエコボックスに…」

転々としてる…

「総務部の女性職員が帰宅途中でクリーニング店に寄りたいからと紙袋を持って帰宅して…」

で?

「彼女の自宅にあるのを確認しました」

はぁ…

そんなにキッチリ調べるんだぁ

当たり前なのかな

「と言うことで、野村の疑いは晴れたから安心していいぞ」

ボス課長さんの微笑みは凄く人を安心させてくれる

とにかく、野村さんの疑いが晴れて良かった

でも私が言わなきゃ、最初から疑われなかったんじゃないのかな

「俺達の仕事は1つずつ可能性をつぶして行くことが大切なんだ。1番最初に野村さんの可能性を潰せたのは君のおかげだ」

花井さんはゆっくりと言い聞かすように言ってくれた

凄くいい先生みたい…

「なんか一沙の奴、変ちゃうか?」

「妙に優しいですよね」

「…不気味」

「興味深いですね…からかい甲斐がありそうです」

「花井さんが普通の人間っぽい…」

「なんの話だ?」

相変わらず銘々に話し出す

私はキョトンとしたまま、いつしか胸の痛みを忘れていた


~つづく~
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 愛しのショコラティエ

2 Comments

chika  

今、道徳の授業ってないんだっけ?

京橋先生だけはやめよう(笑)

2014/12/05 (Fri) 06:58 | REPLY |   

はやみん  

道徳担当の京橋さん…(^w^)
パパからのプレゼントの道徳ネタを早速お話に入れられるchikaさん!さすがですっ☆

まさかショコラティテのお話で二課に行けるとは思わなかったので幸せでなりません♡

かぁくんが華恋ちゃんに優しいなんて!
惚れましたね~♡

2014/12/04 (Thu) 07:12 | REPLY |   

Post a comment