FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

危険な甘いショコラ~ショコラティエ×特捜~part18

【特命二課にて】

天王寺
「やっぱりどう考えても口数が少ない奴の方が誠実だっていう瀬名の意見は納得できん!」

香月
「そこ?!別に天王寺さんが不誠実とは言ってないですよ~ペラペラ喋るけど」

天王寺
「大阪じゃ無口な方やで」

浅野
「大阪異次元空間…」

花井
「浅野は大阪府警に異動の打診があったらまず断れ」

八千草
「断れないのが公務員の悲しい宿命ですよね…」

浅野
「大阪行くなら辞める…」

天王寺
「大阪はパラダイスやで!」

京橋
「ヒョウ柄のアンダーウェアにはそそられますが…」

香月
「一人話が脱線事故です」

桐沢
「大丈夫だ。浅野は俺が離さねぇから安心しろ」

浅野
「……乙女な気分」

京橋
「とうとうボスは男性にまで…」

花井
「いくら瀬名に色気がないとはいえ…」

八千草
「なぜか僕もドキッとした…」

天王寺
「…ボスのBLは嫌や」

香月
「ありえません!」

桐沢
「何の話だ?瀬名は色っぽ…」

香月
「わーわーわーっ!プライバシーです!」

京橋
「そりゃぁベッドの中くらい色っぽくなければ…」

浅野
「…想像拒否」

香月
「…ひどい」

野村
「やっほー!今日も賑やかだねぇ」

桐沢
「帰れ」

野村
「え~濡れ衣着せられたのにその扱い?」

桐沢
「濡れ衣じゃねぇ!立派な容疑者1号だ」

野村
「俺、何か悪いことした?」

京橋
「警視庁内の女性職員のハートを大量に盗んだ罪でしょうか」

野村
「そう?やっぱりぃ~?俺って罪な男?」

桐沢
「罪だと思うならさっさと自首して独房に戻れ」

浅野
「副参事官室という名の独房…」

八千草
「華やかな独房ですね」

京橋
「内側から鍵がかかりますからね。やりたい放題です」

香月
「…何をでしょう…」

野村
「香月ちゃん試してみるぅ?」

桐沢
「の~む~ら~あっ!」

八千草
「緊急事態発生!ボスに総長降臨です!」

花井
「うちに誠実の文字が似合う連中が少なすぎるのは認めるしかないな」

天王寺
「裏地に誠実って刺繍したろか」

八千草
「ビーバップハイスクール…」

香月
「瑛希くん古くない?」

八千草
「この前ブックオフで全巻買っちゃった」

浅野
「…貸して」

八千草
「了解で~す」

天王寺
「あのチョコレート屋の兄ちゃんも似合いそうやで~裏地刺繍の服」

香月
「天王寺さんと一緒にしないでください!それにチョコレート屋って…」

天王寺
「チョコレート売ってんのやからチョコレート屋やんけ」

瑛希
「chocolatierです」

桐沢
「さすが八千草の英語の発音はいいなぁ」

八千草
「ボス…フランス語です」

桐沢
「……」

野村
「出た~天然♪」

香月
「…可愛い…かも」

浅野
「恋人の欲目…」

花井
「だいたいチョコレート屋なんて言わないぞ」

八千草
「たこ焼き屋みたいですね」

天王寺
「たこ焼きは世界中どこ行ってもたこ焼きやで」

八千草
「えっと…octopus dumplingsです」

天王寺
「たこ焼きで通じるからいいんや!」

香月
「強引な…」

花井
「天王寺にわかりやすく言うと、お巡りさんと刑事(デカ)の違いだ」

天王寺
「お巡りさんと刑事?一緒やん」

香月
「えっとぉ~チョコレート屋が草野球で、天王寺さんが大好きなめっちゃ今年強かったタイガースがショコラです!」

天王寺
「納得した!」

花井
「…単純すぎる」

浅野
「さすが猛獣使い…」

八千草
「園長さんだね」

京橋
「是非ナイトサファリでは鞭をお持ちください」

桐沢
「なんだ、慰安旅行は富士サファリパークがいいのか?」

野村
「安上がりだねぇ~」



収拾がつかないので

~つづく~


拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 愛しのショコラティエ

0 Comments

Post a comment