FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

すぐそばにある光~ケヴィン~22

Category - season2番外編
それから数日後…

キース王子は久々に瑠璃様をミッシェル城のパーティーに連れて行くと言い出した

その瞬間から城の中は大騒動となった

まずはドレスの選定

アクセサリーはどれにしましょう!髪型は?!…とリンが転がっ、…じゃないや
走り回っている

一番大変だったのはパーティー仕様の豪華な車椅子を作れと言われた事だ

ドレスだから普段の服より幅を取るし、クッションや背もたれも最高級にしろとの命令だ

費用の心配は全くしていないが、時間が…っ!

この時には既にイザブール王国が6カ国全ての王子に求婚の打診をしていた事がわかり、極秘裏に対面する事が決まっていた

その王女が釈明のためなのか、もしくは正式にひとりの王子を指名するのかわからないが、とりあえず話し合いの席をゼンが設ける手筈を整えていた

その場によりによって瑠璃様を連れて行くと言いだしたのだ

パーティーであるから名だたる貴族の姫達、特にキース王子のお妃候補でまだ落選していない最終候補10名がラストチャンスとばかりに押し寄せて来る

…ここが正念場だ

俺は寝食を忘れて準備に専念した

絶対に瑠璃様を選んでもらうんだ!

それは未来の俺の為じゃない

俺は瑠璃様が好きだ

大好きだ

だから幸せになって欲しい

瑠璃様の幸せはキース様の腕の中にあるのだから!

そうしてパーティー当日を迎えた

「瑠璃様のパーティーメイクは久しぶりですね」

「髪も長くなられたのでアレンジがしやすいですわ!」

「お痩せになられたからファーでカバーして清楚かつゴージャスにとキース様のご要望です!」

「敵も目一杯着飾ってくるでしょうけど!うちの瑠璃様が負けるわけにはいかないんです!」

メイド達の意気込みも相当ボルテージが上がっている

「明日倒れてもいいでしゅから今日全力を出し切りましょおぉぉぉ!」

なぜかリンは鉢巻きを巻いていつしか応援団長と化していた

みんな、瑠璃様に勝って欲しいんだな

本当にみんなに愛される人だ

「なにやら賑やかだな…」

「活気があっていいのではないですか?」

「ああもう!私もパーティー行きたい!」

国王様、王妃様、キャサリン様はお立場上加担はできないので見守っていていただくしかない

「あの子が来てから私達とメイド達の距離が縮まった気がしますわね」

「貴族出身の王妃は面白くないか?」

「いえ…より早く情報が耳に入りやすくなりました。キャシーが色々画策している事とか」

「お母様、画策ではないわ。いろんなプレゼンテーションって言うの」

「…キースに似てきたわね」

微笑ましい親子の会話を聞きながら、俺は口元を緩めて廊下を走った

当然だが…

キース王子はドレスアップし終わった瑠璃様を見て固まった

それぐらい彼女は美しかった

それはきっとあの日、キース王子が伝えた言葉のせいだろう

『必ず決着は付ける…それまで待てるな?』

たとえ籠の鳥でも閉じこめられて放置されてるわけじゃない

愛情という籠に包まれて愛しんでくれる

それならこんなに幸せな場所はない

瑠璃様の中で1つ階段を上がった瞬間だった

それが瑠璃様を世界一美しい女性に変えた

「…行くぞ」

照れ隠しなのかキース王子は背後に回って自ら車椅子を押した


~つづく~
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - season2番外編

2 Comments

chika  

本当に広告うざい!消そうとするとつくづく思う!
あれを消そうと思うとすると私が全額負担で課金しなきゃダメらしい

2015/06/25 (Thu) 23:06 | REPLY |   

まひろ  

ブックマーク!

本文と関係ないけど、コメントしようとすると、広告が出てきて、打ち込みしにくいよ~。
わざとだよねぇp(`Д´)q 

2015/06/25 (Thu) 20:39 | REPLY |   

Post a comment