FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

すぐそばにある光~ケヴィン~28

Category - season2番外編
怒涛の嵐のような夜だった

元々キース王子のお妃が決まるのではと噂が流れていて、パパラッチ達がミッシェル城に押し掛けていた

そこにキース王子が瑠璃様を抱き上げて登場した

ただ、パパラッチ達は瑠璃様をキャサリン様と間違えていた

キャサリン様は城から出られないから、城内の人間と、限られた人しか顔を知らない

今までも瑠璃様を車椅子で連れ出したのが写真に撮られても勝手にキャサリン様になっていた

と言うか、アレックが暗にそう仕向けていたんだ

やっぱり執事は狸か狐じゃなきゃダメだな

それで今まで済んできたのに、今回はお妃が決まるからキャサリン様を連れてきたと変に情報が伝わって…

パパラッチの数が増えた

それでもって、本当にお妃が決まったらしいと情報が流れ、今やミッシェル城の周りはデモでもおきたかって言うくらい人が溢れかえっている

当然、出られる筈もなく…

キース様と瑠璃様はミッシェル城に泊まられる事になった

…他国の王子達も巻き沿いをくってしまった

「朝になったからって減らないだろうなぁ~」

ロベルト王子がカーテンの隙間から覗いて城下を見下ろしている

「屋上にヘリを着けて空港に直行すればいい」

平然と言うジョシュア王子の横でジャンは手続きを終えていた

「この状況を楽しむのもいいものですよ」

エドワード王子はのんびりと紅茶を口にする

「グレンは早かったね…騒ぎが大きくなる前に帰ったんだろ?」

ウィル王子も焦る事なく優雅にソファで足を組んだ

ウィル王子の言うとおり、グレン王子はいち早くミッシェル城を出た

王女との縁談は全く無くなったと恋人に伝えてそばに駆けつけるためだ

「若いねぇ~」

ロベルト王子は屈託もなく笑った

俺はキース王子と瑠璃様の部屋を用意すると、この後の対応をするためにまだ走り回っていた

「キースに先を越されるとはな」

少し苦笑を浮かべながらジョシュア王子が呟く

「婚約が先でも結婚が先とは限らないよ」

ウィル王子の言葉に動き回りながらドキッとする

そうなんだ

キース王子より他国の王子の方がゴールは早いのだ

それだけキース王子と瑠璃様はまだまだ前途多難の道が待っている

俺はキース王子、俺のお爺様の伝記を思い出す

この先歴史が狂わなければ波乱はまだある

瑠璃様の強制里帰り

フレットアイランド植民地問題

キース王子狙撃事件

フリップ王国を根本から揺るがす大事件

そして数々の艶聞…



…ゴールがわかっていても胃が痛い…

「キースは相変わらず策略を巡らせていたね」

ウィル王子がクスッと笑うとエドワード王子が首を傾げた

「策略…ですか?」

「なんだ。エドワードは気づいていなかったのか」

ジョシュア王子がテーブルの上にワイングラスを置いた

「なになに~?」

ロベルト王子がカーテンを閉めて輪に入る

「キースが瑠璃がいるのにどうしてお妃選びを派手にやったかって話だよ」

ウィル王子の言葉に俺の足が止まった


~つづく~

拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - season2番外編

2 Comments

chika  

Re: もう止まりません!

いっぱい読んでくれてありがとう~(*⌒▽⌒*)

読み返すと至らない所やら誤字脱字を見つけちゃう(笑)

喜んでいただけるのなら頑張って書きます(^з^)-☆

これからもよろしくデスm(_ _)m

2015/04/04 (Sat) 21:50 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/04 (Sat) 16:04 | REPLY |   

Post a comment