FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

京橋克之のとある1日…のうちの1番エキセントリックな日☆2

Category - 特別捜査☆24時
「うわっ…!なんやこの靴下!小っさすぎるやろ!」

天王寺さんはお芝居とかじゃなくてマジトーンで新生児の靴下をガン見していた

「俺の親指サイズやん!」

そりゃあ生まれたてだし…

「こんな狭いベビーカーに寝れるんかい!」

「天…じゃなかった!ゆ、ゆゆ豊さんだって赤ちゃんの時あったでしょ!」

「お前、いい加減にダンナの名前位スッと言えや」

私のテンパりをも天王寺さんは笑いに変えて、お店の店員さんを笑わせてしまう

どうみても浪花のボケとツッコミ夫婦だ

指名手配犯の2人組みも怪しんでいる様子はない

さすがと言おうか…

そんなこんなで夫婦ごっこで時間を稼いでいる間に2課のメンバーが集合してきて

あっという間に周りに気づかれる事無く2人を確保

万事丸く治まったのだった

それが…何か?

「はぁ…あなたにはわからないのですね。目の前で恋人が他の男と夫婦としてベビー用品を見て回っている姿が私にどう写っているのか…」

そう言うと克之さんは私の腰を持ち上げた

「私に不必要な嫉妬をさせた罰はしっかり受けて頂きます」

「そんなの…!不可抗力で…!ぁああ!」

いきなり克之さんが私の中を突き上げた

さっきイったばっかりだし!

また胸を刺激されてたところだし!

私は十分に潤っていた

克之さんのモノがスンナリと吸い込まれて

激しく腰を揺らされた

「やっ…!克之…さん!ひゃぁ!」

「色気がないですね…」

「だって!だって!んんん!だめぇ!」

「許しません…今夜はあなたを破壊します」

「そんな!だって!ぁあああ…!」

「あなたが生む子供は私の子供です」

「当たり前じゃない…!はぁぁ!あっ…ぁあ!んふぅ!」

「あなたに快感を与えられるのも私だけです」

わかってる!そんなの!

克之さんは容赦なく私を攻め続けた

激し過ぎる律動に声の限り喘いでしまう

自分の声が浴室に響いて違う声みたい

わかってるくせに!

私はもう克之さん以外は考えられない

克之さんのツンデレで変態チックな行為でしかもう感じられない

私は本当に足腰が立たなくなるまで克之さんに突かれ続けた




朝、くすぐったさに目を覚ました

うっすら開けた視線の先には優しく微笑みながら私の頬をつつく克之さんがいた

あんなに激しく攻め立てた人とは思えない…

「起きれますか?」

「…無理です」

「意外と体力がありませんね」

「誰のせいですか…っ」

「なんの事でしょう?」

「克之さんがあんな事…っ」

普通にするより腰が痛い…

「あんな事に溺れて燃えたのはどなたです?」

「…っ!」

悔しいけど、克之さんとの浴室での行為はベッドの上より感じてしまった

「私は満足ですよ。あなたがあんなに私を求めてくれたのですから」

思いっきり嫉妬してたくせに…

「おかげで実感できました。あなたがもう私の体無しではいられない事を」

一点の曇りもない笑みはツンデレの極み

「昨夜は予想外の感情に邪魔をされて予定していたプレイができませんでした」

「はぁ?」

あ然とする私の前に克之さんは嬉々としていろんな制服を並べだした

「ナースのコスプレで昨日のようにシャワーに濡れるというのもいいですね。もちろん下着は必要ありません」

…ツンデレじゃない

…変態だった

けれどその克之さんじゃないとダメになった私はどうすればいいんだろう

「ミニスカポリスに手錠も捨てがたい」

真剣に悩む彼を放置して、私はまた布団の中に潜り込んだ

「香月さん、まだセーラー服着れますか?」

そんな問いかけにむくれる前に笑ってしまう

私が生徒で克之さんが先生で…の禁断の恋なんていいかも

って思う私はもう引き返えせないんだって自覚した

せめて下着は着けさせてください…

「もちろんです。脱がす楽しみをどうして省けましょう!」

そう言って克之さんは袋の中からいろんな下着を出しては並べ始めた

ああ…

私の平凡な日々は何処へ…

いつの日か克之さんと普通の会話をしながらベビー用品売り場に行けるのだろうか

想像できない未来に夢を膨らませながら、私は深い怠惰の眠りに引き込まれていった

そっと克之さんが隣に滑り込んだ事に気づかずに…




󾀼END󾀼

拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 特別捜査☆24時

1 Comments

はやみん  

おー!こんなにすぐに続きが読めるなんて幸せ過ぎます(*≧∀≦*)

もう私克之さんなしではやっぱり生きていけません!!
chikaさん、克之さんは変態だけどやっぱり素敵です(///ω///)

こんなに素敵な克之さんを本当にありがとうございました。・゜゜(ノД`)
ニヤニヤが止まらなくて怪しまれそうで大変です(汗)

2015/05/19 (Tue) 21:25 | REPLY |   

Post a comment