FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

6つの国の禁断ストーリー~princess’s eye~

Category - 番外編
グレン様は優しかった

まるで子守をするみたいに頭を撫でてくれたり、背中をポンポンってしてくれたり…

「王子のそばにいるからプリンセスでいなきゃいけないって誰も決めてなんかいないし…それで言うなら今は学生のそばにいるから学生でいろって言うのと一緒だから…」

茶色の瞳がにっこりと微笑んでくれた

「だから俺の前では等身大でいろよ」

そんな言葉が嬉しくって…

私達は子犬がじゃれあうように朝まで抱き合った


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:


エドワード様って本当に女の子が好きなことがわかってるんだなって思った

だって…

エッチするよりこうやって髪を撫でられたり

いっぱいのフレンチキス

私は女の子だなって自覚する

でも女の子時々女で…

そんな時も優しく扱ってくれた

いつもは《ルーティアさん》なのに、その時だけは《ルーティア》って…

それだけで感激しちゃう

ロベルトが嫌なわけは全然ないけど…

今夜だけは特別な女の子でいさせて…


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:


ジョシュア様はきっとこれは義務であり、公務だって思ってる

ノーブル様の命令だからする事はするけど…感情はどこか鍵をかけた箱の中にしまい込んでいる

…その方が私も楽かも

朝、目が覚めた時にはもうジョシュア様はきちんとした身なりを整えていた

…公務終了

私ってそんなに魅力がないのかな…

「万が一でもお前がグレンより俺の方がいいと思ってしまってはいけない…だから手を抜いた」

いつの間にかジョシュア様は私の横に座っていた

私はシーツを被ったままで…

「それでも俺がいいと思うならグレンの教育をする必要がある」

ジョシュア様がふっと笑った気配がした

「お前に落ち度はなにもない…十分可愛かったぞ」

クシャッと頭が撫でられた

…急に涙が出てきた

私って…ツンデレに弱い…


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:


ロベルト様はいつの間にかスースーと寝息をたてて、私をまるで抱き枕のように抱え込んでいた

子供のようで、でも立派な大人で…

甘えるように、でも男らしく…

ロベルト様の魅力はギャップなのかもしれない

ついさっきまでの事を思い出すと体が熱くなる

私の心も体もジョシュアだけのものなのに…

「んん…」

ロベルト様が寝返りを打つ

はだける素肌にそっとシーツをかける…と不意に手を掴まれた

「…赤ずきんちゃん…」

寝ぼけたようにもごもごと呟いた

「ね…もう一回…おかわり…」

寝覚めた瞳は私を真っ直ぐに見つめていた…


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:


私は…

今まで感じた事のない倦怠感と恍惚感に埋もれていた

まだ…息が整わない

心臓が張り裂けそう

生まれて初めて足腰が立たないっていうことを経験した

「…シャワーを浴びたいのなら連れて行ってやるぞ」

そっとキース様の指が私の髪を梳いた

優しいその手つきはさっきまでの荒々しさと全然違う

私は顔を見れないまま首を振った

これ以上乱れている私を見られたくない

「朝が来てそこの扉を開けたらまたただの他国の王子とプリンセスだ…もうダンス以外に触れる事もない」

キース様の言葉がなぜだか心に突き刺さる

もう…触れられない…

もう…最後

「お前に選択権をやる…どうしたい?」

キース様の瞳が私をまっすぐに見つめていた

私は…

汗で額についた髪を自分で掻き上げて…

目の前の年下の王子に手を差し伸べた

私は…自分から…求めた


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:


きっと…

どの王子様がどのプリンセスを抱いている中でも

ウィル様が私を抱く程気持ちは入っていないかもしれない

「瑠璃…瑠璃…」

奪い尽くすように体中にキスが降り注ぐ

体中の全てを大切に大切に愛撫される

私を求めて求めて…すがりつく

いつも冷静なウィル様が…

朝までのタイムリミット…

その時間を惜しむようにウィル様は私を抱き続けた

言い知れない背徳感が私達を壊していく

また…ウィル様が私の足を割った

もう何度目かわからなくなった頂点に私達は突き進んだ

見つめ合ったまま…

体に電流が突き抜けた…





他国の王子に抱かれる事に何の意味があるのか

罪悪感

背徳感

嫉妬…

感情の渦が嵐のように6ヶ国を覆った


ノーブル様の意図はなに?



󾀼END󾀼




拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 番外編

1 Comments

まひろ  

うわぁ、やっぱ大半心がイタい~(T^T)

グレン君とこはあんまりだけど、エドちゃん、ジョシュ、キーちゃん、ウィル、ムリ~(T-T)

エドちゃんとこ、ロブたん不憫ー(笑)
ルーの熱、更に上がりそう。且つ、お城のエドちゃんっぷりが思い出されてくすりと笑う感じもありーの(笑)

ウィル、やっぱのめり込みそうだよー。
黒ウィルになったらどーしよー(笑)

これ、次来るまで、どこのペアも様子見!?(笑)

瑠璃ちゃんに金髪蒼い目の王子生まれたら大変だー!!

久々の5ヶ国王子~ずは楽しかったよ(^^ )
ありがとー!

2015/06/06 (Sat) 18:56 | REPLY |   

Post a comment