FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

特捜メンバー☆真夏の夢恋城を語る

Category - 特別捜査☆24時
天王寺豊
「暑っ!暑すぎるで!」

浅野修介
「…サウナ」

八千草瑛希
「外に出たくないですね…」

花井一沙
「涼しいカラオケでも行くか?」

天王寺豊
「寒気がするわ!」

花井一沙
「ようやくお前も俺の歌の魅力に気づいたか」

天王寺豊
「ちゃうわ!」

京橋克之
「高級ホテルのプールサイドで美女をはべらして…」

瀬名香月
「セクハラ発言のはずなのにまともに聞こえるのはなぜだろう?」

浅野修介
「♪なんでだろ~なんでだろ♪」

瀬名香月
「ちょっと懐かしい…」

京橋克之
「もちろん全裸です」

瀬名香月
「やっぱり変態!!」

京橋克之
「ヌーディストビーチは文化なのですが…」

八千草瑛希
「ここは日本なので…」

京橋克之
「心底残念です…」

桐沢洋
「夏が暑いのは当たり前だろ?」

八千草瑛希
「ボスは真夏のイメージですもんね」

花井一沙
「上半身裸でバイクとか似合いそうだしな」

桐沢洋
「バイクは長袖が基本だぞ?」

天王寺豊
「真面目か!」

氷室征司
「真夏にわざわざ暑い思いをする意味がわからん」

浅野修介
「さすが氷の王子…」

野村忠信
「洋君が夏男で、征司君が氷の王子なら俺は~?」

浅野修介
「常春の…」

瀬名香月
「コンパ職人?」

野村忠信
「ひどい…」

氷室征司
「自業自得だ」

天王寺豊
「それよりchikaはどうしたんや!?めっきり更新してないやんけ」

瀬名香月
「夏バテでしょうか?」

浅野修介
「先週飲み会で熟成肉のシェラスコ食べてた」

天王寺豊
「どこが夏バテやねん!」

八千草瑛希
「今朝、chikaちゃんの職場の温度計が31度だったそうです。昼で30.7度に」

花井一沙
「朝からクーラーが入ってそれか…」

桐沢洋
「事務仕事でそれは過酷だな」

八千草瑛希
「今年異動して来て、ここでの初めての夏の試練を経験した若い女の子が今日熱中症で早退しました」

氷室征司
「企業努力がたりんな」

野村忠信
「俺が上司だったらすぐにリフォームしちゃうのに!」

天王寺豊
「そんな事したら城は野村さん一色になるやんか!」

野村忠信
「持つべき者は金と権力だよ」

瀬名香月
「野村さんが言うと当たり前に聞こえるのはなんでだろ?」

浅野修介
「♪なんでだろ~なんでだろ~♪」

天王寺豊
「もうええっちゅうねん!」

花井一沙
「で、更新されない理由は結局なんなんだ」

八千草瑛希
「えっと~第7章に自分で仕掛けたトラップがわからなくなったらしいです」

天王寺豊
「なんやそれ!」

京橋克之
「要するに読者に先読みされてストーリーを当てられるのを防ごうと、アチコチにダミーやらトラップを仕掛けたと」

桐沢洋
「それが自分でわからなくなったって事か」

氷室征司
「愚かな…」

野村忠信
「気にせず突き進んじゃえばいいのに~出たとこ勝負♪」

浅野修介
「自分で仕掛けた地雷を踏んで…」

瀬名香月
「ドッカーン!!」

八千草瑛希
「ダメでしょ…」

京橋克之
「取りあえず、また読み直しですね」

八千草瑛希
「今のスマホがもう寿命で息も絶え絶えらしくって、3話読んだら持てないくらいスマホが熱くなるんですって」

瀬名香月
「不良品だと叫んでいました」

花井一沙
「人が持たないようなマニアックな機種にするからだろう」

天王寺豊
「人と違うのがええんやて」

瀬名香月
「限定品、季節物、一点物、数量限定、今ある限り…乙女はみんな弱いです!」

浅野修介
「乙女が見当たらない…」

瀬名香月
「ここに!chikaさんと私の最低2名!」

花井一沙
「乙女とは雷が鳴ったら『きゃ~』と悲鳴をあげるもんだ」

桐沢洋
「雷で…言わねえな」

野村忠信
「今日もいっぱい鳴ったけど『おぉ~!鳴った!』だったね」

瀬名香月
「鳴ったら鳴ったって言うし…」

浅野修介
「それは感想…」

瀬名香月
「きゃぁあ~雷怖いぃぃっ!」

氷室征司
「ひどい棒読みだ」

天王寺豊
「大根すぎるわ…」

花井一沙
「要は、今までは仕事中にストーリーを考えて家で書いていたのが、職場が暑すぎて思考能力がなくなり…」

氷室征司
「それもどうかと思うが…」

浅野修介
「仕掛けたトラップがわからなくなり」

八千草瑛希
「読み返そうにも3話が限界で」

京橋克之
「触ると熱く濡れ…」

天王寺豊
「スマートフォンがやで!」

瀬名香月
「更にデータが重くなってブーストしたり不要ファイルをクリアにするアプリを使うと」

野村忠信
「途中書きで保存しておいたストーリーが題名以外全部消しちゃうんだよね~」

桐沢洋
「それはキツいな」

八千草瑛希
「マメに保存したり、コピーしたり、別にデータを作ったりしているらしいですけど」

天王寺豊
「それでもよく消されて心折れてたもんや」

京橋克之
「どSには耐え難い苦痛です」

野村忠信
「人のが消えちゃったら笑うのにねぇ」

浅野修介
「他人の不幸は密の味…」

花井一沙
「腹黒すぎるだろ」

天王寺豊
「てなわけで止まってるんかいな」

瀬名香月
「言い訳がましいけどそう供述してます」

桐沢洋
「まぁ、焦って地雷踏んでもな」

氷室征司
「自爆しても美しくない」

野村忠信
「なるようになるでしょう~ね?」

浅野修介
「大人組みは寛大…」

天王寺豊
「てな訳やさかい気長に待っててや」

浅野修介
「時々特捜で繋ぐから」

氷室征司
「たまに出てやる」

花井一沙
「一番出番が多いと思います…」

桐沢洋
「氷室に負ないようにしねぇとな」

野村忠信
「俺もいるよ~♪」

京橋克之
「意外と出ていらっしゃいますよ」

八千草瑛希
「忘れてないからね~」

瀬名香月
「今後ともよろしく♪」

頑張ります~m(_ _)m

󾀼城主chika󾀼
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 特別捜査☆24時

4 Comments

chika  

よーくよく考えてみたら、特捜をやってなくてここだけで特捜の世界を知ってる人もいるわけで

《天王寺》と《豊さん》が結びつかないのかもって思ったら、フルネームにしちゃえ!と(笑)

大した手間でもなし

これを機会にフルネームを覚えてくださいませ♪

水分は取りましょう!

マッコリ1リットル飲んだら喉が渇きました(@_@)

2015/08/08 (Sat) 20:16 | REPLY |   

ちこりん  

お疲れ様です!!

今回は2課メン、フルネームで登場でしたね(^ω^)
またの登場、お待ちしてます♪

熱中症、ホンマ怖いですよ。私、水分補給のタイミング悪かったようで、軽~い膀胱炎になりました(TT)
chikaさん、アルコール摂取の後も水分補給お忘れにならないように!!
ご自愛してくださいね~

話かわりますが、メンディみたいなムキムキは、正直イヤ!!
細マッチョが良いです(//∀//)豊サンは骨太な人、と思ってます(笑)

暑すぎるので、ぼちぼち行きましょう!!

2015/08/06 (Thu) 22:37 | REPLY |   

chika  

いつもありがとうございます~m(_ _)m

短編なら一気に結末までいけるけど、
短編のつもりが長編になると寝たらリセットされてる(笑)

熱中症にならないように水分(アルコール含む)取って頭を働かせるね!

2015/08/06 (Thu) 12:23 | REPLY |   

carine  

城主様のことを分かってらっしゃる特捜の皆さんですね。(当たり前か。笑)
自分の蒔いたトラップに苦しめられるの、すっごくよく分かります。私もお話書こうと思った時期がありまして、まんまと嵌まって自爆しました。
読めば思い出すかも…と思って読み返せるのも、話が短い内なんですよね。長くなると読むだけで一日が終わりそうなこと、ありました。笑
城主様のお話は本当に私の心のオアシスなので、気長に待っております!いつもコメ出来なくて申し訳ないです。
熱中症にはくれぐれも気をつけましょうね。

2015/08/04 (Tue) 19:42 | REPLY |   

Post a comment