FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の彼の恋~天王寺豊~2

へぇぇ~高校の同級生ときたか

私はわくわくと身を乗り出した

天王寺さんは覚悟を決めたように大きく溜め息をついた

「俺が野球部やった時にアイツはソフトボール部やってん」

そう言われればショートカットの似合う活発そうな小顔の綺麗な女性だった

ボーイッシュながらちょっと可愛い色気があって、きっと同性からも人気があっただろうと想像できる

「別に学生時代にどうこうあったわけやない。ほんまにただの同級生やねん」

「でも大阪じゃなくて東京にいるんだろう?」

花井さんがじわじわと攻める

「同窓会でバッタリ…実は好きでしたパターン?」

浅野さん、それはベタすぎ

「ちゃうわ!たまたま昼メシ食い損ねて、ランチタイムも過ぎてしもうて、開いてる店に入ったら…アイツがおったんや」

お客さんで?

「アイツの店やったわ。駅前の商店街の片隅で定食屋の女将しとった」

「……」

「……」

「……」

高校の同級生、ソフトボール部、定食屋の女将

いろんなフレーズがぐるぐる回る

「定食屋の女将はボスのイメージ…」

「ボスの彼女なら小料理屋でしょう」

「ジャパニーズエプロンが似合うタイプですね」

「ジャパニーズエプロン…ああ、割烹着か」

「そうか?渋すぎだろ」

相変わらず全員が脱線していく

「近くに高校があんねん。そこの野球部のたまり場になっとったわ」

天王寺さんはちょっと笑った

誇らしそうで、微笑ましいそうで

なぜかちょっと妬けちゃう

「えらい元気な関西弁の姉ちゃんが真っ黒に日焼けしたガキ共に大盛りのカツ丼食わせよるなぁって思ったん。よう見たら同級生やったって事や」

ふ~ん……

天王寺さんが元気って言うから相当元気なんだろう

「それからちょいちょい店に行くようになって、夜は飯食いに行くようになって…」

ほぉ~

全員が同じ声を発した

そう言われればこの頃、モンステで見かけないとは思っていたんだ

自炊してるとか、女性の所に転がり込んでいるとか、大人の女性のお店に入れ込んでいるとか…

全く考えなかった

当たり前のように職場以外の男友達と連んでいるんだろう

スポーツバーとかで阪神の応援してるんだろう

今年の阪神は調子いいし

「アイツの店で阪神戦見ながら飲んでたから半分は当たってるわ」

半ば開き直って天王寺さんは晴れやかに笑った

「天王寺、報告はまた今度でいいよ~」

野村さんが微笑んで桐沢さんに目配せした

桐沢さんは仕方なさそうに苦笑する

「へ?」

天王寺さんが気の抜けたような声を出した

「報告より今夜、直に会って面接しちゃおうよ~!ね?」

野村さんの言葉に全員が賛成と叫んだ

「なんでやねん!!!」

天王寺さんの雄叫びだけが虚しく2課に響いた


~つづく~
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

1 Comments

ちこりん  

意外な三番手!!
弄り倒される豊サンが、目に浮かぶ(≧▼≦)

関西弁でのかけあいに、感心とツッコミが入りそう(笑)
そして大人じゃない大人の野村サンから、素晴らしいジャブがお見舞いされそう。香月ちゃんが墓穴を掘らない事を祈る~

豊サンとの甘い???シーンは、あるのかしら~???
楽しみO(≧∇≦)Oキャー

無かったら……次回のお話に期待!!!!!

2015/08/21 (Fri) 20:52 | REPLY |   

Post a comment