FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の彼の恋~浅野脩介~1

花火大会の雑踏の中に浅野さんの姿は一瞬で消えていった

本当に浅野さんだったのかな

はっきりしないと落ち着かない

私はお昼休みにコーヒーを入れている浅野さんの隣にさりげなく立った

「浅野さん」

「何?シュークリームならあげないよ」

「それはさっき自腹で2個食べたから大丈夫です」

「大盛牛丼に冷麺食べてシュクーリーム2個…」

「ダメ?」

「瀬名にしては少ない…病気?」

それはないと思いますが…

「脩介さんが一般常識の基準を誤っています!」

瑛希君がまわりに叫ぶ

「浅野!よく考えなおせ!その量は少なくないぞ」

「…そう?」

浅野さんはゆっくりと首を傾げた

「浅野さんが瀬名菌に感染していますね。一種の性病…」

「違います!」

いい加減止めないとどこまで行くのやら…

ん?

天王寺さんが参加して来ない?

見ると天王寺さんはニヤニヤとしながら浅野さんを見ている

「脩介」

笑いを含んだ声で呼ぶと浅野さんもコーヒーを持って振り返った

「お前の彼女と比べてみぃや。こんなに食うか?」

彼女?

「…食べない」

浅野さんは否定することなく答えた

彼女?認めた?

「脩介さん!彼女できたんですか?!」

「口下手なお前がいつの間に…」

「口下手ですがテクニシャンとか…」

瑛希君と花井さんと京橋さんが一斉に目を見開いた

「浅野は結構モテるぞ」

桐沢さんは不思議そうに椅子にもたれた

「うちの職員がいいって言ってるけど彼女いないのかとか、他の課長連中から聞かれるぜ」

へぇ~…そうなんだ

「世の中草食系男子ブームですからね」

元祖草食系男子の瑛希君が言う

「草食系…?野菜より肉の方が好きだけど」

浅野さんは納得いかないように首を傾げる

えっと…ベジタリアンとかの意味じゃないから

それより!

「やっぱり浅野さん、花火大会にいました?」

「いたけど…瀬名もいたの?ふ~ん…デート?」

「デー…デート?」

逆!

「あ、浅野さんは?!」

「デート」

きっぱり言う

わぁ…すごい柔らかい笑顔だ

この人は隠す気が全くないんだ

征司さんと一緒だ

そうだよね

後ろめたい事は何にもないんだから

ただ、2課の底なしの弄りが怖いだけ

「なぜ天王寺が先に知ってるんだ?」

花井さんがすごく初歩的な事を聞いた

「そりゃあ脩介が彼女と出会った瞬間、俺も居合わせてん」

そうなんだ~

「同時に出会ってお前より浅野を選んだわけか。なかなか見る目のある女だな」

「なんやと一沙!そのケンカ買うでぇ!」

いつもの小競り合いが始まる

放置しておこう

「ボス…」

「なんだ?」

浅野さんが桐沢さんに向かうと、桐沢さんはのんびりと目を上げる

「彼女の身元調査、依頼しないとダメですか?」

「ああ…そうだなぁ、警察官である以上報告は必要と言われてるが…結婚するくらいの気持ちになったらでいいんじゃねえか」

桐沢さんはおおらかに言う

「ちょっと付き合ったくらいで調査してたら克之だけでファイルが1冊必要や」

「曜日ごとにファイリングしましょう」

当たり前のように言う天王寺さんと、当たり前の返事をする京橋さん

処置無し…である

「じゃあ…もう少しいいですか」

「ああ、お前の判断に任せる」

部下を信用してやまない桐沢さんと

正直に向き合う浅野さん

なんか静かに熱い

「いいなぁ~みんないつかは結婚するんだよね~」

瑛希君は頬杖をついてみんなを見回す

「香月ちゃんがボスに報告しにいったらこっそり見ちゃおうかなぁ」

こらっ!

私は瑛希君を軽く睨んだ

「香月ちゃんは俺達に報告いらないよぉ~ガッツリ公認だから♪」

あまりにも軽く爆弾が扉が開くと同時に放り込まれた

野村さんだ!!

「なんやて?瀬名!聞いてへんぞ!」

「どこのどいつだ!そんなチャレンジャーは?」

「結構収入がないと食費が大変です!」

「瀬名を女性と見てるって事?」

「ある種のマニアですね」

一斉砲火を浴びる

そろそろ怒っていい…?

「野村…性格悪すぎだろ」

桐沢さんだけが庇ってくれる

「瀬名は可愛いぞ。十分女らしぞ。特定の奴には」

桐沢さん…フォローになってません!

「可愛い可愛いってべた惚れらしいしぃ~…想像できないけど」

野村さん!暴露と突き落としの同時攻撃はやめてください!

「マニアがいたんだな…」

「大食いを見ると性的興奮を覚えるとかでしょうか…」

「強い女性が好きな人はいますよ!」

「瑛希、その言い方やと瀬名の相手はどSちゅうことになるで」

「夜な夜なムチとロウソク…」

浅野さんまで京橋さん化しないでください!

「どっちかって言うとアイツの方がS…」

言いかけた野村さんの首根っこを掴んで桐沢さんはタバコを吸いに出て行ってくれた

ターゲットは私じゃないでしょ!

「なんやろなぁ~脩介は温かく見守ってやりたくなるけど、瀬名はとことんからかいたいわぁ!」

天王寺さんどういうこと?!

「瀬名も白状すればいいのに」

浅野さんがにっこりと笑った

絶対扱いが違うからイヤー!!!

その日から浅野さんを追求すると10倍取り調べられるという地獄の日々が始まった

~つづく~

拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

0 Comments

Post a comment