FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の彼の恋~浅野脩介~4

夜勤明けのお昼前

俺は家に帰る前に小太郎の事を思い出した

小太郎…と彼女の両方

お店、行ってみようかな

そう思って途中の駅で降りた

ペットレンタルって書かれたお店の扉を小さな女の子とお母さんがチワワを連れて嬉しそうに出てきた

チワワも散歩が嬉しいのかしっぽを振っていた

カラン…って音がする扉を開ける

「いっらっしゃいま…あっ!浅野さん」

カウンターにいた彼女が満面の笑顔で迎えてくれた

「こんにちは」

俺は挨拶をしながらカウンターの後ろを見ると、お店の《社員》の子達の写真が張ってあった

チワワ、ダックスフント、プードル、柴犬

…と小太郎

写真の前にレンタル中の札が掛かっている子はお出掛け中か

小太郎には札が掛かっていなかった

「小太郎いる?」

「はい!今日は翔太君来ないですし」

「じゃあ、小太郎レンタルしようかな」

「ありがとうございます!」

「…と君も」

「えっ?」

「お昼食べた?」

「まだですけど…」

「お散歩初心者だから教えて」

「…はい!店長に了解をもらってきます!」

彼女は急いで踵を返して、片手に小太郎と、お弁当の袋を持って帰って来た

俺は小太郎のリードを受け取って歩き出した

とっとことっとこと、小太郎は俺の前を勝手に歩いていく

「浅野さん、リードを引いて左横に付けてください」

彼女が言う

俺は小太郎のリードをグイッと引いて短くした

小太郎は俺の顔を見上げて、素直に横に付いた

「小太郎、よし!いい子」

「ばふっ!」

小太郎は『当たり前だろ!』と言うように返事をした

「小太郎は浅野さんをボスと認めたみたいですね」

彼女に言われてキョトンとする

「ボス?」

うちのボスの顔が浮かんでくる

ボスなら熊でも言うことを聞きそうだ

「小太郎…俺、ボス?」

「わふっ!」

「…だそうです」

彼女が通訳してくれて

俺は小太郎のボスになったらしい

俺と彼女は顔を見合わせて笑った

途中で俺はサンドイッチとコーヒーを買って

この前の公園に行った

「小太郎走るか!」

「ばふっ!」

俺が言うと小太郎は大喜びで走ってきた

彼女が小太郎を捕まえておいて、俺が離れた所から呼ぶと小太郎は全力で走ってきた

ドスドス!って感じだけど

凄く楽しい

しばらく遊んでからお昼ご飯にした

俺はサンドイッチ

小太郎はドッグフード

彼女は手作りのお弁当だった

「あ…タコさんウィンナー」

「食べます?」

「いいの?」

「はい!タコさんウィンナーに反応してくれた事が嬉しいです!」

変なとこに感動する子だな…

彼女の箸であ~んってしてもらった

…照れる

「ばうぅ~」

小太郎に冷やかされた気がした

のどかな平日の昼休み…

こんなのいいな…

芝生に寝っ転がる俺

寛ぐ彼女

がじがじ骨型のガムを噛んでる小太郎

時間がゆっくり過ぎていく

「浅野さんって不思議ですね」

「何が?」

「会話が無くても気疲れしないです」

「退屈?」

天王寺さんみたいにずっと喋っていたほうがいいのかな

「ううん…いっぱい喋られるとずっと聞いてなきゃいけないから疲れちゃう」

…俺達天王寺さんのは適当に聞いてるから疲れないけど

「だって…聞いてなかったの?って言われたら、相手の人に申し訳ないでしょ?」

彼女はそう言って小さく笑った

彼女は人間付き合いが苦手だと言った

大勢いればいるほど気を遣って気疲れしてしまう

だから動物と一緒にいるのが好き…だと

「犬は喋らなくてもわかってくれるし、黙っていても催促しないし」

それでも克服しようとして頑張って就職したのが今のお店だった

ちょっとの接客

それだけでも自信になった

初めて苦情を受けた時、ご飯が食べれないくらい落ち込んだけど乗り越えられた

たった1つの「ありがとう」が心を和らげてくれた

人から受けた苦痛を犬じゃなくて人で乗り越えられた

ちょっとした前進

「やっと自信を持ってカウンターに立てるようになったところです」

そう言って彼女は笑みを浮かべた

あんなに大声で小太郎と翔太を追いかけていた彼女からは想像つかない

人はほんの一瞬だけで判断しちゃいけない

きっと誰も知らない闇も光もある

「共有できる空気が一緒…それが大切だと思う」

「空気…」

「時間の流れ…一緒がいい」

「…はい」

彼女に惹かれた理由

それはきっとこれだと思う

空気…時間の流れ…

この子は俺と一緒の空間にいる

直感でそう思ったから…

「ばふぅぅ~」

小太郎が俺の足をちょいちょいと引っ掻いた

「俺も…って言いたい?」

「ばうぅ!」

俺と彼女と小太郎

2人と1匹

同じ空気の中、黙って流れていく雲を見上げた


~つづく~
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

2 Comments

chika  

Re: タイトルなし

ありがとう!直しました♪

2015/08/27 (Thu) 22:30 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/27 (Thu) 22:17 | REPLY |   

Post a comment