FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の彼の恋~野村忠信~2

モンステのマスター阿賀佐に

「お前ら仕事の話するなら奥に行け」

と言われて奥に移る

賢明な処置だな

「さっき2課に行ったら、桐沢君と宮ちゃんが連んで出て行ったって言うじゃない?野村君も帰ったって言うし。これは怪しいと思ってモンステ覗いたらビンゴ!」

知美ちゃんはグラスのワインをグイッと空けてニヤリと笑った

「別に待ち合わせしたわけじゃないよ~こいつらが勝手に…」

俺が言うけどあいつらは知らん顔してる

「人事の希望を2人で言い合ってただけだ」

「言い合いじゃねぇだろうが!宮の一方的な希望だぞ」

桐沢が睨むが藤宮は気にしていない

桐沢に睨まれて動じないのは宮と知美ちゃんくらいだ

「え~言っていいなら私だって言いたいわよ!野村君!香月ちゃんをうちにちょうだい」

知美ちゃんの言葉に桐沢が思わずむせた

「お前ら!2課を潰す気か」

やれやれ…

どうしてみんな無理ばっかり言うのさ

無理でしょ…

「八千草をくれ」

「無理だ!」

「香月ちゃんちょうだい!」

「断る!」

だからぁ…

桐沢と藤宮と追加の知美ちゃんの言い争いにげんなりする

「お前達いい加減にしろよ」

さすがに怒るよ!

俺が顔を引き締めると藤宮がグイッと逆に前に出た

「八千草を諦めろって言うんだな?」

「そうだ」

「なら○○を寄こせ」





誰?

藤宮の突然の申し出に口があんぐり開く

藤宮は平然と俺を見ている

…謀られた?

八千草を2課から動かすのは無理だ

無理を承知で言い張って

実は別の奴を狙ってた?

八千草より異動が簡単そうに見せかける為に…

桐沢もグルか

ぎろっと睨むとコイツも知らん顔して芋焼酎を飲んでいる

「○○…が欲しいの?」

知美ちゃんも俺と同じくらいあ然としている

ただ、○○が誰かは知っている所が俺と違う

「今、交通部交通捜査課ひき逃げ事件捜査係にいる警部で課長補佐だ」

「なんだ、野村知らねぇのか」

あのね、警部だけでも何百人っているんだよ

その下の警部補なんてどれだけいると思ってるんだ

「へぇ~野村君が知らないんだ…女桐沢」

「はぁ?」

更に訳のわからないフレーズが飛んでくる

何さ、女桐沢って

「勝手に俺の女バージョン作るな」

桐沢は苦笑しながら煙草に火を点ける

「交通課はさすがに管轄外だろうな」

宮も特別追及すること無く煙草を咥えた

「あの~すいませんが、管轄外の部署の人事はさすがに…」

「そこをなんとかするのがお前の仕事だろう」

「えぇ…」

こいつらは俺をひたすらこき使う

利用する…

わがままを言う…

「どれだけお前からの厄介な仕事を受けてやったと思う?」

いやいや…確かに面倒な仕事を2課に回すけど

それと宮の国際捜査課は関係ないでしょ

「じゃあうちの課は面倒な仕事は却下していいんだな?」

警視庁にはちゃんとした国際捜査課はある

あるけど、国交の問題や、国によってルールが違う面倒な仕事を《多少はみ出し》てもいい場合用に特命国際捜査課を作ったわけで

いわゆるはみだし2課の国際バージョン

面倒じゃない仕事は元祖国際捜査課に行くでしょう

「はぁ…」

俺は溜め息をついて言葉を反芻する

「さっき知美ちゃん、なんて言ったっけ?女桐沢?」

女桐沢って事は…

「○○って女性なの?」

凄く基本的な事で驚いた

「本当に野村君知らないんだ…」

知美ちゃんが呆れ顔で手酌でワインをグラスに注ぐ

「交通課って言っても違反切符切るとかじゃなくてひき逃げ事件専門の部署でしょ。捜査課と変わらないのよ」

まぁ、犯人を追うって事では一緒だよね

「そこでは○○は部下から《ボス》って呼ばれてるんだって」

女でボス…

「普通ボスは課長とかじゃないの?」

我ながら普通の質問

それに藤宮が答えた

「交通部の部長も課長も学歴が高いだけのポンコツキャリアだ。実戦向きじゃない」

…キツイ

「だから部下にとっちゃ実質仕切ってる課長補佐がボスな訳だ」

ボス桐沢が言うと説得力が増すな

「…で宮はその女桐沢ボスを引き抜いて来いって言うわけ?」

「聞き分けいいな」

子供じゃないんだから

「それってよそから桐沢ボスを引き抜いて来いって言われてるような事じゃないの?」

ボスを引き抜ける訳なくない?

「野村ならできる」

「できるだろうお前なら」

「できなきゃ野村君じゃないよねぇ」





…こいつらはぁっ!

俺は真面目に頭を抱えた

けれどこれが運命の出逢いになるなんて思わなかった


~つづく~
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

0 Comments

Post a comment