FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の彼の恋~京橋克之~1

京橋さんが花火大会なんて似つかわしくない場所にいた

しかも女性と!

「デート?デートですか?!」

私は湧き上がる好奇心を押さえきれず京橋さんに詰め寄った

「瀬名、聞き方がちゃうやん。何曜日の彼女ですかやろ」

「そんなの土曜日だったんだから土曜日だろう」

花井さんは興味なさそうにパソコンを開いた

「他の曜日の予選…」

「わお!競争率が凄いですねぇ」

浅野さんと瑛希君が勝手に盛り上がる

京橋さんは女性絡みなのだからもっとのってくるかと思ったけど、意外と溜息をついてテンションが低い

「あれだろ?京橋長官が《どんな場所でもあなたを守ります!警視庁》とかいうフレーズのポスターを作るっていう…」

桐沢さんが顔を上げると京橋さんは

「はぁ…」

と、ようやく声を発した

「いろんなシチュエーションで警官が市民を守るという写真を撮るという《業務命令》が下りまして…」

「なんで克之やねん。マスコミ関連はエイッキーやろ」

「それは忘れてください…」

本当は天王寺さんが出たかったんだろうけど、照れくさいから瑛希君のせいにしている

「俺ではいい男過ぎて警官に見えないからな」

興味がないふりをしながら花井さんだってちゃんと会話に参加してくる

「京橋さんが警官らしいかっていうモラルの問題…」

大丈夫だよ浅野さん

モラルはカメラに映らない

「長官から女性のモデルを用意するのでやってくれと言われまして」

「水曜日の穴を埋めるチャンスやん!」

イマイチ承服しがたいけど…

その割に京橋さんは乗り切らない

「…高校生ではさすがに」







「犯罪…」

浅野さんがボソッと呟く

「いや、浅野…16才以上なら犯罪にならないぞ」

「京橋さんだと犯罪…」

「それについては意義ない」

この際法律は関係ないのかも

京橋さんにかかったら20才でも30才でも犯罪だ

「花火大会で写真を撮られて終わりです。とんだ時間外労働です」

不服そうに京橋さんは嘆いた

「ええんちゃう?女子高生と知り合いになれたんやから。連絡先とか聞いたんやろ?」

「まさか…私から連絡することもないと思いますし。この先実りもありません」

そんな事ないと思うけどな

その子のお姉さんとか、京橋さんのエリアに入る年齢の女の子もいるだろうに

京橋さんにしては消極的だな

「ところで…瀬名さんはどなたと花火大会にいらっしゃったのですか?」

えっ…飛び火っ!?

「女子会などどいう戯言は通じませんよ。バービー巡査他、あなたのご友人達は他で合コンだった筈ですから」

なんで私の交友関係まで知ってるんですか

確かに誘われましたよ、その合コン

行くわけがないじゃないの

征司さんが早めに終われて一緒に花火大会に行ってくれるって言うのに

それじゃなくても合コンは行きません

「私より京橋さん!」

「ですから何も実りのない時間外労働だったというだけです」

そう言って仕事に戻る京橋さんの表情は全く読み取れなかった

~つづく~
拍手とブログランキングの両方をポチッと押して頂けると嬉しいです󾬏


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

0 Comments

Post a comment