FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の彼の恋~lovely kitchen~桐沢洋

我ながら定番過ぎるじゃねぇかって思う

だが…

「もうお風呂あがっちゃったの?もうちょっと煮込みたいから待ってて」

風呂上りの俺を待っていたのは、いつの間にか俺の持っているエプロンの中に紛れている可愛い柄のエプロンをつけてキッチンで鍋の前で味見をしている彼女の姿だった

そんな姿にドキッと心臓が反応しやがる

昔っからあるドラマのワンシーンに自分が出ているような気になって

…照れる

コトコトと煮詰める音と、腹の虫を叩き起こすいい匂いがしてくる

「ロールキャベツか?」

ケチャップとホールトマトの美味そうなスープの中に丁寧に巻いたロールキャベツが揺らいでいた

「今日のね、夕方のニュースのレシピに美味しいロールキャベツの作り方をやってて、ブイを見ている間に急に食べたくなったの」

キッチンカウンターの上にレシピの書かれたレポートが乗っている

「すぐにスタッフにレシピをコピーしてもらったんだけど、そしたら誰に作るんだとか、いつ作るのかとか、いっぱい冷やかされちゃった」

スープを小皿に移して味見をする

「で、○○はなんて答えたんだ?」

「ん…今夜、彼に作るのって…」

照れているのか後ろを振り向かずに鍋の中をかき混ぜている

「…可愛いなぁ、お前…」

つい心の声が出る

マスコミ関係にいる、世間に顔が知られている彼女はそんな簡単に交際を認めていいのかと思う

それにプライベートな事を喋るとすぐ外に漏れるって口を閉ざしていたのに

責任…という言葉がちらつく

けれどそれを心地いい重みと感じている俺がいる

「まだ…時間かかるんだろ?」

俺は後ろから彼女を抱きしめた

「あと10分くらいかな」

抱きしめる俺に体を預けてもたれる○○

声もちょっと甘えたようになる

「…可愛いなぁ…」

またつぶやく

「すぐ子供扱いする…」

拗ねたように言う彼女の髪に顔を埋めて抱きしめる腕に力を込めた

グツグツ…と煮込む音が心臓の鼓動に連動しているように思えてくる

「じっくりとキスするくらいの時間はあるよな…」

後ろから顔を覗き込むと、彼女はそっと顔を傾けた

啄むように軽く唇を合わせる

チュッと軽くて甘い音がまた心臓を走らせる

「首、疲れるだろ…こっち向けよ」

彼女の体を反転させて向かい合う

自然と俺の手は彼女の腰を抱き寄せ

彼女は俺の背中に腕を回す

屈みこむように顔を傾けると彼女はちょっとだけ背伸びをする

身長差は20cmくらいか

数字で見れば決して小さい訳じゃないが

俺の中ではいつでも小さくて細くて、か弱い女だ

俺が頬に手を当てればその手の中にすっぽり収まっちまう小さな顔…

両手で包み込んだら全部隠れちまいそうだ

何度も何度も唇を合わす

角度を変え、高さを変え…

舌を絡めあうようなキスばかりがキスじゃない

短いキスを何度も何度も繰り返す

時々見つめ合ってまた口づけて

はにかんだ微笑みにまた愛おしさがこみ上げる

頬を包んでいた手をそっと首筋を伝って下に下げて

ゆっくりとその下の膨らみを揺らす

徐々にキスが深まる

腰を抱いて引き寄せ…そっと足を割る

啄むようにくっついては離れていた唇は強く重なったまま離れなくなった

中でお互いの舌が絡み合い…

手は胸を求め

足は熱くなっていく股間を押さえていた

「洋…さん」

息継ぎをするように一瞬離れた唇から囁くような声が漏れる

「ん…」

また啄むようなキスを繰り返す

「さっき…」

「ん…?」

「子供扱いするって…言った…けど…」

「ああ…」

会話しながらもキスは止まない

「こうやって…甘やかされるの…好き…」

「甘えろ…好きなだけ…何でも叶えてやる…」

エプロンの紐が解かれる

「ダメ…煮込みすぎ…ちゃう…」

「煮物が美味くなる秘訣はな…火を止めてからしばらく置いておくんだ…」

俺は手を伸ばして鍋の火を消した

「ゆっくり…ゆっくり火が通ると美味くなるんだよ…」

彼女の服の下の素肌に手が触れる

「…せっかくの料理…美味くしねぇとな」

「ん…」

再び濃厚なキスを繰り返す

彼女の足がふらつきはじめて腰を支える

「…いいよな?」

拒否権など存在しないように

俺は彼女を抱き上げてベッドへと歩いて行った

もう…止まらねぇ…




その日のロールキャベツは味が染みて格別に美味かった

…染みすぎたかもな



🍀END🍀
拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

1 Comments

chika  

このlovely kitchenシリーズは大人チーム3組様限定でございます~♪

2015/09/18 (Fri) 20:12 | REPLY |   

Post a comment