FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

scandal~桐沢洋~3

オートロックを外してから洋さんがエレベーターで上がって来るまでの時間が長い

時計が止まっちゃったんじゃないのかないかと思うくらい

「あっ!」

私、髪を乾かしてない!

パジャマだし!

スッピンだし!

きゃあ!時間がないっ!

時計が3倍速になった!

ピンポーン…

「は、はぁい!」

結局必死にパジャマからルームウェアに着替えただけで扉を開けた

「おかえりなさい!」

「おお…ただいま…ってお前、髪どうした?」

「見ないでぇ!」

「悪いな、風呂上りだったか」

洋さんは眉をハの字にして笑った

「先に乾かしてこい」

「でも…」

「どこにも逃げやしねぇよ」

「…っ!」

掠めるように唇が触れていく

固まるしかない…

「…可愛いなぁ、お前…やべぇ、ストッパーが金属疲労だ」

「金属ひ…えっ?」

ぐいっと腕を引かれて

覆いかぶさるように唇を塞がれた

「ひろ…」

「我慢の限界だ…」

「洋さ…待って…んん…あっ…」

貪るようにってこういうこと…

貪欲に、餓えた猛獣のように洋さんは私の唇を求めた

それに必死に応える

だって私だって…我慢の限界…

せっかく着たルームウェアはもう半分脱がされて

上半身を露わにさえた私は洋さんの首に腕を回してしがみついた

「逢いたかった…」

「…私も…」

「どれだけお前を頭の中から消そうと努力しても…次々に沸いて来やがる」

「私は虫じゃないで…しょ…あぁ…ダメ…」

「体が…お前を求めて…暴れるんだ…俺は10代の時より…今が…収まんねぇ…」

「もう…ここで脱がさないで…やん…ベッド行こ…」

「遠い…」

「えっ…」

「詩織…」

「…っ!ダメっ…!ああ…!いやっ…んん…!」

「こんなに濡れて…脱がないと汚れるぞ…」

「だって…洋さんが…!あああっ!指っ…!だめぇ…」

「ああ…すげ…吸いつく…」

「あんっ…!ぁあ…!」

「詩織…」

「はぁぁ…!だめぇ…」

唇を塞がれて、指で掻き乱される

もう立って入れない!

崩れるように床に倒れ込むと、洋さんは胸を頬張った

「あんっ…あぁ…んん…!ダメ…いっちゃう…!」

こんな玄関先で

私はフローリングの上で悶える

玄関にある姿見に乱れる私が写ってる

「洋さ…!は…!ああ…!ダメェ…!!」

私は洋さんの頭を抱き締めたまま、激しい指使いでイってしまった

遠ざかる意識の中、私は抱き上げられて…ゆっくりと柔らかいものの上に下ろされた

「ベッド…?」

「ああ…フローリングの上じゃ…腰が痛くなるだろ?」

洋さんは半乾きの私の髪をそっと撫でてくれた

「こんなに自分が抑えの効かねぇガキだとは思わなかった…」

すでに脱ぎ捨てられた服はベッドの下かな…

洋さんの逞しい胸が

きれいな鎖骨が目の前にある

「私を求めてくれるのは…嬉しい…」

「ああ…欲しくて欲しくてしょうがねぇ…」

洋さんの硬くなったモノがゆっくりと収まるべき場所を探して足の間を這っている

「一生…俺のものでいろよ」

「ん…もちろん…」

でもそれって…

プロポーズなの?って今は聞けない

いつかきちんと言ってくれるまで待ってる…

「…愛してる」

優しい優しい甘やかし過ぎる声が耳元で囁かれるたびに体が震えるの

大好き…大好きよ…洋さん

ゆっくりと唇が重ねられて

熱い想いを十二分に伝え合う

それでも足りないように互いの素肌を掌に感じる

「好き…洋さん…大好き…」

心の声を口に出す

出すほど切なくなる

「ああ…俺もだ…」

いつしかたどり着いた洋さん自身が少しずつ私の中に入ろうとしている

腰を浮かす洋さんの動きに合わせて私も足を開く

「…いいか?」

「うん…」

「優しくできねぇぞ…今夜は…」

「…ん…我慢しないで…私もしない…」

「お前の我慢しない姿も見てみたいもんだな…」

「いつも…してるように見えたの?」

「ああ…」

「…っ!そこ…だめぇ…」

「ほら…声を我慢してる…」

「してない…っ!出ちゃうの…ぁあ…意地悪っ!」

洋さんは濡れた蕾の先を摘まんでは押して

溝をゆっくりと硬くなったモノが撫でていく

「ああ…ん…もう…」

「お前を焦らしてるつもりが…俺が我慢できねぇ…」

洋さんの動きが止まって

両手が私の顔を包んだ

視線が熱く絡み合う

私がそっと目を閉じると洋さんがグググって中に入ってきた

もうそこからは…

我慢なんて何もできなかった



~つづく~


拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

0 Comments

Post a comment