FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

それぞれの年明け~花井一沙~

年末年始の当直をじゃんけんで決めるのは2課恒例の行事だ

たまたま前回は最弱王のボスが出張で、俺達だけでじゃんけんをした

それで不覚にも俺になった訳だが…

今年は負けるわけにはいかない

なぜなら、ついさっき、奏からメールが届いたからだ

まぁ、今年はボスがいるから安心だけどな

『キャンセル待ちで飛行機取れたから帰るね!』

唐突過ぎる

クリスマスはコンサートが目白押しだから帰って来れないとは言っていた

年末年始はコンサート疲れで寝てるとかも言っていた

なのに突然早朝に真逆の事を言い出す

俺が仕事かもとか考えているだろうか

とにかく帰ってくるなら迎えに行こう

大体何ヶ月ぶりだと思っているんだ

…逢いたい

素直にそう思った

「よぉし!いくぞ!」

ボスの掛け声に俺は気合を入れた



…予想通りだ

俺達は余裕で定時に2課を出た

今から成田空港に行けば十分間に合うだろう

俺は冷やかし気味の天王寺達を尻目に成田エクスプレスに乗り込んだ

到着ロビーは年末に帰って来る日本人と、年末を日本で過ごす外国人とでごった返していた

この人数の中、奏は見つかるだろうか

「一沙!」

大きな声がして咄嗟に顔を向けると、真っ赤なロングコートを着た奏が大きく手を振っていた

見つかるかどうかなんて危惧はいらなかった

奏は他の誰よりも輝いていた

当たり前だ

誰の恋人だと思ってる

奏は旅慣れた小さなトランク1つを転がしながら俺に駆け寄ってきた

「一沙!」

もう一度俺を呼ぶと奏はトランクを放りだして俺に飛びついて来た

ふわっと香る香水が奏の匂いだと体が覚えていた

一気に熱くなる

首にしがみつく奏を俺は力いっぱい抱き締めた

「…ただいま」

「ああ、おかえり」

抱き合ったまま言葉を交わす

ずっと逢いたかった、ずっと触れたかった感触だ

奏もしばらく俺に抱きついたまま離れなかった

「ああ…一沙だ」

溜息のように吐き出された言葉が急激に染みこんでくる

「ん…奏だ」

「真似しないで…」

「お前が先に言うからだろ」

抱き合ったままするそんなやり取りすら愛おしくてしかたがない

コツンと当てた額から直に伝わる体温

間近に見る長い睫毛

整った鼻筋

弾けるようなピンクの唇

俺達は人目もはばからずに唇を重ねた

ようやく互いの体を離した頃にはまわりに人はすっかり減っていた

「そう言えば…」

今更だが、奏の両親は?

「迎え?来てないわよ。だって帰るって言ってないもの」

「はぁ?」

何でもないかのように言う奏の顔を二度見する

確かに音楽一家である奏の家族親族は外国に行き慣れている

いちいち帰国の報告などしないのだと言う

「だから今日は一沙の家に泊まるつもり」

「ちょ、ちょっと待て!」

さすがにそれはマズイだろ

娘が無断で帰って来て連絡しないまま勝手に男の家に転がり込む

俺が父親だったら絶対許せる訳がない

「奏、今日は帰れ」

「え?」

俺の言葉に奏はキョトンとした顔をする

「家に帰ってちゃんと帰国の報告をして家族で正月を迎えろ」

「ええぇ…」

「明日の朝、改めてご両親に新年の挨拶を兼ねて迎えにいく」

「…真面目」

「当たり前だろ!それから俺の家に来ればいい…1日2日と俺は休みだ」

「本当!?」

「ああ…泊まりに来い」

「うん!」

奏は満面の笑顔で俺の腕にしがみついた

その後、美味しい日本のパスタが食べたいと言うリクエストでウニのパスタが有名な店に行って食事をした

話したい事は山ほどあった

俺達はワインを飲みながらいっぱい話した

俺はこんなにお喋りだったかと自分でびっくりするくらい、互いの事を話し、聞き、笑った

そして約束通り奏を家に送った

ようやく自宅に戻り、玄関を入った途端にほう…と溜息が出た

逢えると思っていなかった昨日の今頃…

じゃんけんせずに宿直を自ら願い出てもいいかと思っていた

それが急に逢える事になり、逢えて今は1人

ふうっと息を吐いてネクタイを緩める

テレビのスイッチを入れながらスーツを脱ぐと

聞き覚えのある声が聞こえてきた

「ああ…詩織さんか」

年末の番組を撮っているんだな

ボスが宿直でよかったのか

互いに仕事なら…

しかし今ならわかる

本当の1人きりと

いて1人とでは全く違う

昨日までの俺は1人で年末を過ごす筈だった

奏を送っていった今も1人だというのには変わりがないが…違う

俺は1人じゃない

遠いフランスではなく、すぐそばにいる

明日になれば逢える

その安心感があるのとないのとでは全然違う

ボスも今、俺と同じ気持ちだろうか

『詩織さんのお正月のご予定は?』

『広島まで…』

詩織さんの言葉に着替えていた手が思わず止まった

ボス…実家に連れて行くのか!

ボスから詩織さんと結婚しようと思うと聞かされて、天王寺と2人してテンションが上がった事を思い出した

そのためならいつだって休みくらい替わろう!

ボスが不在でも奴らをまとめられるようにしっかりしよう!

この先結婚式も新婚旅行もあるしな!

俺はすぐにメールを打った

ボスが決心した事で俺の中でも1つの覚悟が出来た気がした

明日奏を迎えに行ったら、ちゃんとご両親に伝えよう

近々正式に結婚の申し込みをしたいと

もちろん奏にはまだ内緒だ

サプライズで、とびきりの演出でプロポーズしてやりたいからな

俺に決心をさせてくれたボスと詩織さんに小さく頭を下げた

決心を刻み込むように除夜の鐘が鳴りだした


🍀END🍀
拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

6 Comments

chika  

Re: タイトルなし

瑛希君は最初の方ってイメージだよね(笑)

ライトなお話だから(≧∇≦)b

野村さんは濃厚…

アメリカンとエスプレッソみたいな

もうすぐ書けるよぉ~

2016/02/01 (Mon) 22:22 | REPLY |   

ちこりん  

わははは~

やはり、chikaサンの特捜のトリは野村サンですよね♪

実は、暎希クン…忘れてた(-o-;)
だって早い順で、出てくる人と思ってたんて…

日頃の寒暖差で、体調くずされてないですか!?
chikaサンペースの更新、楽しみにしてます♪

2016/01/31 (Sun) 00:39 | REPLY |   

chika  

Re: タイトルなし

やっぱりトリは野村さんに取っておきますよ!

ボスから始まって野村さんで終わる~ベストですねぇ(*^▽^*)

2016/01/28 (Thu) 22:32 | REPLY |   

ちこりん  

次は、京橋サンですか~

トリは野村サンと言いつつ、彼が最後まで残るかと思ってました(笑)

ええ、楽しみにしてます♪

2016/01/18 (Mon) 23:30 | REPLY |   

chika  

Re: タイトルなし

昔に比べたらめっちゃスローペースなんだけど(笑)

難しいキャラ達が残っていく~(^◇^;)

次は京橋さん予定です

やっぱりトリは野村さんかな

ということは京橋さん→瑛希くん→野村さんですかね

何とか今月中に終わらせたい!

早く7章に戻らなきゃね

って言いながら特捜に引きずられる私です( ̄。 ̄;)

2016/01/18 (Mon) 23:25 | REPLY |   

ちこりん  

うわ~ん、感想が追い付かない(><)
でも、chikaさんのキャラに対する愛の深さが表れてるような内容…???(笑)

天王寺√、本家のオカンもきっとこんな人でしょう!!豊サンだけが知らないだけで、ヒロインちゃんの事リサーチしてるんやろね~

修介√、私も写メ欲しいと思いました(^^ゞ
あ、小豆柴、探してみます♪ ウチのコも、可愛いですよ(//∀//

そして早々登場の一沙…、うん、一沙でした!!

やはりトリは、野村サンですかね…
いや、二課で弄られるボスが見たい(≧▼≦)

2016/01/18 (Mon) 23:03 | REPLY |   

Post a comment