FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

それぞれの年明け~京橋克之~

情報部サイバー対策課ネット犯罪監視班は夜の活動が最も重要な任務時間です

ネットの住人は夜に活動する事が多いからです

日に当たる時間帯には普通の生活をし、夜、家に帰ってから昼間の鬱憤を晴らすかのように悪魔の仮面をかぶるのです

それを監視し、出かかった悪魔の牙や爪を見つけるのが私の彼女、兎愛さんの仕事です

「要はオタクをオタクが見張るんですけどね~」

そう言う彼女は定時に退庁して待ち合わせた私の横で鼻歌交じりに微笑みました

「そのオタクが定時退庁でよかったんですか?」

「はい!オタクだって年末年始に入れば一日中ネットサーフィンしてるから昼も夜も関係ないんですよ」

まぁ、言われて見ればそうですね

仕事が休みならずっと引きこもっているのでしょう

「と言うわけで、私はお正月明けからの勤務になりました」

「他の署員の人はどうしてるんです?」

「主任はお正月明けてから安くなった食べ放題ツアーに行きたいんですって。係長は満員のメイドカフェはゆっくりできないからやっぱり連休明けがいいみたいです。今年入った新人君はクリスマスに彼女に振られたので、カップルが一杯のお正月は引きこもりたいって」

「…そうですか」

なかなかの個性派揃いですね

2課とは違う意味で…

「京橋さんは?」

「じゃんけんに勝ったので元日はお休みです」

「変わってますね、2課って」

「兎愛さんの所ほどではありませんよ」

「そう?」

不思議そうに首をかしげる仕草にまだまだ幼さが色気に勝ってしまいます

調教しがいがありますね

伸びしろは多いほど楽しみが増えます

「では、初詣でも行きますか?」

「初詣!テレビでしか見たことないです!」

…どんな幼少期を過ごしてきたのか

相変わらず謎の多い人です

「着物を着ないとダメですか?」

「そんなルールはありませんけど、男の願望としてはありますね」

着物を剥ぎ取りたいっていう願望ですけど

「ちなみにご自分で着付けは?」

「できると思います?」

「でしょうね…」

脱がしたはいいけれど着れないのでは困ってしまいます

「このまま行きましょうか」

無難にね

2人でのんびりと着物姿で初詣をする映像が浮かんで

まるで蜃気楼のように一瞬で消えました

まだ今は彼女との未来を思い描くには時期尚早なのでしょう

水曜日以外の曜日ごとの恋人がいた私が、水曜日の彼女にすることもなく、事もあろう事か、全曜日を整理してこの兎愛さんだけにしたなど…

私自身が一番驚いています

それに対して物足りなさを感じていないという事も

不思議です

ダッフルコートにマフラーを巻いて後ろで縛る、本当の女子高生のような兎愛さんの手を取るとゆっくりと歩きだしました

「あれって先生と生徒じゃね?」

「マジ~?」

通りすがりの高校生から漏れ聞こえる声に思わず笑ってしまいます

「私、がっつり公務員という社会人ですけどぉ」

頬を膨らまして拗ねる兎愛さんはどう見てもJKです

「生徒との禁断の恋も萌えますね」

「燃えじゃなくて萌え?」

「逆でもかまいません」

「京橋さんはシチュエーションオタクですね」

「コスプレ好きとおっしゃってください」

「それなら同志です」

この辺りが兎愛さんです

これが瀬名さんならとうの昔に「変態!!」と叫んでいるでしょう

その響きも好きですけどね

それはさておき…

私には今年中にはっきりしておきたい事がありました

「兎愛さん」

「はい?」

「貴女は…なぜ本当の名前を捨てて兎愛という名前を得たのですか?」

「…っ!」

彼女が一瞬で息を飲んだのがわかりました

プライベートの中でも更に奥深い部分に切り込むのに躊躇はありました

ですがそれ以上に彼女の事を知りたい

そしてどんな事実があっても背負う覚悟のようなものが自分の中に芽生えていました

その思いを初詣に向かいながら彼女に伝えました

「京橋さんは私の事を調べたんですか?」

「いいえ。貴女の口から直接聞くことが一番の真実だと思いました」

「じゃあ、なぜ私が戸籍の名前を変えた事を知っているんですか」

咎めるような視線にも微笑んでしまう自分が不思議です

「貴女は警察職員としての暗黙のルールをご存じですか?」

「暗黙のルール?」

「ええ。お付き合いするのなら上司に報告しなくてはいけないと」

「…知っています。時々、職員が付き合っていると報告があった人が不審な人物ではと疑いがあった場合、私の部署に内密で捜査依頼が来ます。ネット上で裏の顔がないか調べるんです」

「そんなお仕事もあるんですね」

多岐に渡る職場です

「ですから、私も兎愛さんの事は上司に報告しました」

「へ…?」

色気のない返事ですね…

「一期一会の方をいちいち報告はしません。おそらくボスもうんざりするでしょう」

瑛希さんにファイルが一冊できると言われましたし

「貴女だからボスに報告したのですよ」

兎愛さんだけはきちんとしたいと私の中の本能が訴えていました

ボスもキョトンとしてましたけど…

その報告結果の中に出生時と現在と改名がされていることが記載されていました

ただその理由は書いてありませんでした

気になったのは彼女のご両親が同じ日に亡くなっていること

それも彼女がまだ幼少の頃に

「私は子供の頃に両親を殺されました」

…今度は私が息を飲みました

「今で言うストーカーですね。父の同僚だった女が勝手に勘違いして狂気に走ったんです」

よくある話だと片づけられません

「元はといえば、父が私につけた名前がその女と全く一緒だったんです。それを女が父が自分に気があるから同じ名前をつけたんだと自分勝手に解釈したんです。バカでしょ」

吐き出すように兎愛さんは呟きました

「私の生まれた日は大雪だったんですって。だから《美雪》と。それだけです。たったそれだけなのに…」

美雪など全国に何千人といるでしょう

たまたま自分の身近に同じ名前の子供がいただけ…

「だから改名したんです。親戚に引き取られて苗字も変わったし…こういう理由だから区役所も認めてくれたんです」

改名するにはそれなりの理由が必要です

気ままに思いつきだけでは役所は受理しません

彼女の申出は役所のファインプレーでしょう

「誰とも被らない名前にしたかったんです!ウサギ好きだし!」

兎愛さんはそう言うとにっこり私に微笑みました

「だから…京橋さんにも兎愛と呼んで欲しいです。過去は…捨てたいんです」

「わかりました…兎愛さん」

「ありがとうございます」

ぎゅっと私の腕にしがみつくその小さな体を私はゆっくりと抱きしめました

ONLY ONEの名前のように私も貴女をONLY ONEで愛しましょう

この初詣の願い事はそれですね

いえ、願う必要はありません

私が叶える事ですから…



神社から帰る途中で年越しそばを2人で食べました

その店でついていたテレビにボスの彼女が映っていました

そういえば…この人も一気にご両親を失ったんでしたね

それも我々警察官の醜い権力争いの巻き沿いで

その心の傷を癒したのはボスです

さすがボスですが…最後のツメは大丈夫でしょうか

その時彼女の口から『広島』という言葉が出ました

思わずニヤリとしてまいました

「…やっぱり男の人は美人を見るとにやけるんですね」

向かい側に座る兎愛さんがむくれています

「ええ、思わずにやついてしまったので、ついでにファンレターを送っておきます」

「ええ~!?そんなに好きなんですか」

思いっきりふくれっ面の兎愛さんが可愛くってもっと苛めたくなります

ボスに激励のメールを送ると年越しそばを食べ終えた兎愛さんの手に手を重ねました

「胃袋は温まりましたかったか?」

「お腹は温まりましたけど、さっきの京橋さんのせいで心が寒いです」

おや、すっかりいじけましたね

「では帰ったら体を温めて差し上げますよ。ゆっくりじっくりと貴女のそのやきもちすら快楽に変えて差し上げます」

「……」

真っ赤になるその頬もすぐに口づけたくなります

兎愛さんはなぜか私から男の理性を奪い取る特技をお持ちのようです

「巫女さんのコスプレでもしましょうか?」

私の提案に兎愛さんは小さく呟きました

ちょうどテレビから年明けのカウントダウンが終わった時でした

「……変態」

それが年明け最初の愛おしい貴女の言葉です

今年も良い年になりそうです


🍀END🍀

拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

3 Comments

かめ  

chikaさん、お返事感激です〜

プレッシャーをかけてしまっていたら、ごめんなさいm(_ _)m

楽しみにゆ〜っくり待たせていただきます♪

2016/01/28 (Thu) 23:50 | REPLY |   

chika  

Re: タイトルなし

はじめて♪いつもありがとうございます(*^▽^*)
今、頑張って瑛希君書いてますよ~

進むときは一気に進むけど渋滞するとなかなか進まなくってご迷惑おかけしております

かといっていい加減に書きたくないので気長に待っててくださいな(^◇^;)

応援メッセージがあるとエンジンがかかります!
ありがとうございます~

2016/01/28 (Thu) 22:31 | REPLY |   

かめ  

はじめまして。
いつもchikaさんのブログから元気をもらってます。ほんとーに面白い!
今、気分がダウン気味です。個人的にもファンのエイキくんのお話待ってます!
あ、でも急がないでくださいね♪

2016/01/28 (Thu) 17:58 | REPLY |   

Post a comment