FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

The parallel world of a Valentine's Day~ロベルト~4

Category - 番外編
う~ん…と頭を捻る

パラレルワールドって言ったもののよくわかんない

わかんない時はわかる人にさっさと聞く!これもバトン家家訓

『パラレルワールドだぁ?』

電話をかけたのはキース

この時はもうとっくの昔にキース国王

スカイプで顔を見ながら話してるから鬱陶しいっていう顔がありありとわかる

可愛いなぁ~10年たっても

『なんでそんな事聞くのかわかんねぇけど』

とか言いながら教えてくれるのがキーちゃん

『ロベルトって言うバカでがい本があると思え』

うんうん

『で、隣のページには今のお前と全く一緒だけど、ネクタイの色が違う世界のロベルトがいる』

それだけ?

『そのもう1ページ向こうにはネクタイとシャツの色が違うお前がいる』

ふんふん

『シャツが違ってボタンの数が変われば着がえる時間に誤差がでる』

すっごい小さな誤差じゃん

『その誤差があるから部屋を出る一歩が変わる。一歩変われば車に乗るタイミングがズレる。お前がズレればアルがエンジンをかけるタイミングが変わる』

うんうん…なんとなくわかる

『車の出発時間が変われば車の流れも変わる。つまりは…お前がルーティアと出逢わなかった世界もあるということだ』

飛躍しすぎだろ!

『すれ違って逢えないって事はありうるだろう』

そうだけど…

『ルーティアと結婚しないお前がいる世界もあれば、アルベルト国王の世界もある』

それは…困る!

『お前が靴下の色を変えるだけで違う選択の世界が増えていく。お前の場合アルの行動1つでガラッと変わるんじゃねぇか?』

そうそう!それ!

もしアルが子作りを計画的に策略してたら…

『お前んとこは今頃王子が5人って世界もあるんじゃないか?』

だよね!それだ!やっぱり間違ってない!

この今いる世界はアルが俺を自由にさせた結果、姫が5人生まれたんだ

俺の本来の世界のアルは計画的に隔離させるからきっと子供が違ってくる

「ありがとう!キーちゃん!」

『はぁ?』

キースの呆れ顔をガッツリ画面で消しちゃう

俺はロベルト・バトンって言う本の違うページに来ちゃったんだ

10年後の子だくさんの国王として…

ん?

ん?





で、なに?

~つづく~
拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 番外編

0 Comments

Post a comment