FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

特捜メンバー☆ボスの留守中を雑談する

天王寺豊
「あ~暇やぁ!」

八千草瑛希
「ボスがいない時に大きな事件が起きるとドキドキしちゃうけど…暇でよかったです」

花井一沙
「何を言ってる。俺がいるだろう」

浅野脩介
「花井さんじゃ野村さんに帰れって言えない…」

花井一沙
「さすがにな…」

野村忠信
「洋クンがいないのに面倒なこと持って来ないよ~」

瀬名香月
「それはそれでどうなんでしょう…」

京橋克之
「ボスには時々長期で休んで頂きましょう…」

天王寺豊
「ええなぁ~ボス!グアムやで、グアム!しかも5つ星ホテルやて」

野村忠信
「俺のお勧め~♪」

京橋克之
「一期一会の方と行かれたのですか?」

野村忠信
「まさか!何日も一緒にいたら一期一会じゃないじゃん」

氷室征司
「あいつから下半身を切り取れないだろうか…」

瀬名香月
「お医者さんの征司さんが言うとシャレになりません…」

花井一沙
「野村さんも俺と同じじゃないですか?詩織さんがテレビで行ってみたいって言っていたのを見たんでしょう?」

野村忠信
「ハハハ、ばれた~?」

浅野脩介
「素直じゃない…」

京橋克之
「さすがに最高級のスイートルームはお勧めしなかったのですね」

デラックススイートルーム1


デラックススイートルーム2


天王寺豊
「どわっ!これホテルなん?!」

花井一沙
「高級マンションだな」

京橋克之
「ベッドルームが写っていませんが」

野村忠信
「そこは内緒~」

八千草瑛希
「ボスの泊まる部屋の写真はありましたね」



瀬名香月
「これは同じタイプの別の部屋ですね」

天王寺豊
「ベッドでかっ!」

京橋克之
「さぞかし燃えることでしょう」

氷室征司
「あいつも切り取るべきだな」

瀬名香月
「京橋さんはアルコールを飲ませれば真面目になるので」

氷室征司
「アルコールが入ると更に見境がなくなる野村とは違うのか…」

野村忠信
「何気にヒドイ…」

八千草瑛希
「香月ちゃんも行ってきたら?」

瀬名香月
「グアム!巨大な肉!」

花井一沙
「色気は全くないな…」

浅野脩介
「ZERO~♪」

瀬名香月
「ニュースZERO風に明るく言っても一緒です…」

氷室征司
「香月が行きたいなら連れて行くが?」

瀬名香月
「本当?!」

天王寺豊
「氷室先生、甘すぎですよ!」

氷室征司
「自分の婚約者を甘やかしてなにが悪い?」

天王寺豊
「…あかん、痒くなってきた」

八千草瑛希
「やっぱり僕らとは年収が違う…」

花井一沙
「お前ならFBIに転職できるだろう?」

京橋克之
「ちなみにFBIの採用条件ですが…
年齢制限があります。23歳以上37歳未満。学歴は大卒以上。3年以上の実務経験(なんらかの職業経験)が必要。もちろん運転免許を持ってないといけません。

これが最低限で、加えてなんらかの専門的な知識や技術、経験が必要です

・財務会計の専門知識
・コンピューターの専門知識
・工学の専門知識
・自然科学(物理学、化学、生物学など)の専門知識
・外国語の能力
・情報機関(CIAとか)の経験
・法律関係の経験(検事、弁護士など)
・警察関係の経験 ・軍隊の経験

まぁ、これを読む限り瑛希さんなら行けそうです」

八千草瑛希
「体力的な制限が厳しいんですよ」

天王寺豊
「俺ならいけるで!」

花井一沙
「ちょと待て!大卒だから無理だぞ」

天王寺豊
「せやった…俺、高卒やわ」

浅野脩介
「それ以前に英語力…」

天王寺豊
「英語は余裕や!」

浅野脩介
「this is a pen~This is a apple~」

天王寺豊
「う~!apple pen~♪ってやらすな!」

氷室征司
「意味がわからない…」

瀬名香月
「わからなくていいです」

野村忠信
「ちなみにFBIの1年目は年収600万くらいらしいよ~」

八千草瑛希
「やっぱり日本がいいです」

野村忠信
「FBIが欲しいって言ってもあげないよ~♪2課の皆は俺のだから」

天王寺豊
「惚れてまうやろ~」

京橋克之
「ちょっと違う独占欲ですが」

八千草瑛希
「でもうれしかったです~」

花井一沙
「警視総監賞を何度も取れば給料は上がるからな」

八千草瑛希
「はーい!頑張ります」

野村忠信
「とりあえず洋クンが帰って来るまで頑張ってねぇ~♪」


さて、何事もなくボスは帰って来られるでしょうか…

んふふ…

🍀城主chika🍀


拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

1 Comments

chika  

偶然!

つい先ほど、娘のように可愛がっていた子から無事女の子を出産したと連絡がありました(*^▽^*)

名前を【詩織】とつけるそうです

凄い偶然!

何千何百とあるだろう名前の中から今、私が書いている詩織さんと同じ字、同じ名前を付けるなんて!

もちろん彼女はこの夢恋城のことは知りませんし、恋ゲーに興味がある子ではありません

この偶然にとっても喜んでいるchika母さんなのでした♪

2016/11/14 (Mon) 12:29 | REPLY |   

Post a comment