FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

2課の休日~桐沢洋~12

洋さんが私の名前を呼びながら頬をすり寄せ、そして首筋に何度も口づける

時々耳を噛んだり…舐めたり…それが好き…

愛されてるって実感できる

私も洋さんの頭を抱き寄せて時々耳にキスをする

その時にかかる息と喘ぐ声がそそられると洋さんは言う

「俺のブレーキが一発で壊れちまう…」

だから洋さんは私が耳元に唇を寄せている時に足の間に手を忍ばせる

ゆっくりと溢れ出た汁を絡み取るように指で襞を擦る

「あっ…はぁ…ん…ひろ…しさん…」

「もう感じてるのか…感度がいいな…詩織は…」

指先が先の膨らみをきゅっと押す

「んん…っ!だめぇ…ああ…ん…」

「どこまで俺を壊すんだ…その声は…やべぇ…」

洋さんは顔を上げて私を見つめる

「感じる顔…見せてくれ…」

そんな事…

首を振ったのに洋さんの指はぐちゅ…っと中に入った

「ああん…!ふぁ…はぁ…んん…あぁ…!」

いやいやと首を振る私を見下ろしながら洋さんの指は中の壁を擦っていく

「詩織…誰にも見せるなよ…その顔…」

「見せるわけ…っ!ああああっ…んん!」

洋さんの指が2本なったと体がすぐに反応する

ビクっと体が震えて腰が浮き上がった

それを押さえつけるように洋さんの指は私の中を素早く出入りする

快感が突き抜けて頭の中がホワイトアウトしていく

「洋さんっ…いや…見ないで…」

どんなに乱れているんだろう…私は

波が滲んで洋さんの顔がぼやけて見える

「いい顔だぞ…」

「意地悪…」

はぁはぁと息遣いが荒くなる

洋さんの指は私の中を掻き乱す

「ああああ…いっちゃ…うぅ…」

「可愛いなぁ…詩織…」

洋さんはフッと笑って顔を下に向けた

熱くなった唇と舌がはだけた胸に吸いつく

「んん…んん…!」

上も下も感じ過ぎておかしくなる

甘噛される胸の蕾がビンビンと痺れて…

洋さんの指に翻弄されている所から熱い蜜が滴り落ちる

自分の体が自分じゃなくなる…

理性が飛んでただただ快感に身を捩るだけだ

「もっと…感じさせてやるよ…」

洋さんはゆっくりと私の足の間に顔を埋めた



~つづく~


拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 2課の彼の恋(特捜24時)

0 Comments

Post a comment