FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

王子×特捜×ショコラコラボ☆プリンスは突然に…5

【氷室’s Eye】

俺は女嫌いだが美しいものは美しいと思う

それは美術品の鑑賞と同じであり、あの下半身だけで生きている野村のように感情や性欲が伴う訳ではない

…それよりも気になる事があったが

野村と桐沢は気づいているのか

横目で見ると桐沢は懸命に押し寄せて写真を撮ろうとする若い女共をガードしている

野村は…

さり気なく王子を守れる位置にいるのは職業柄感心するが、一瞬プリンセスに見惚れていた事は奴の持って生まれた治らない性格だ

「これはどれぐらいいいのかな?」

エドワード王子はウィンドウを覗き込みながら普通の人間があまりしないような疑問を一吹に投げかけた

「どれぐらい…ですか?」

真意がわからず一吹も思わず聞き返していた

それを見て執事がにこやかに答える

「このウィンドウにあるもの全てを頂きたいと思うのですが、他のお客様もおみえになられて、その方々のお買いになるものが無くなってしまっては申し訳ないので、どの程度なら買っていけるのでしょうか…とエドワード様が仰っておられます」

…執事とは通訳も兼ねるのだな

神経をすり減らす仕事だ

俺にはできんな

「あ、はい。まだ在庫はございますので大丈夫ですよ」

「ああ、そうなの。じゃあ可能な限り頂こうか。ルイス」

エドワード王子の声で執事は一礼して胸元からカードを出した

「それではオーナー様の裁量にお任せ致しますのでショコラを買わせて頂きます。代金はこちらのカードでお願い致します」

あれは…

使用制限額のないブラックカードだろうな

俺達一般人が欲しいと思ってもカード会社からの招待がないと入会できないと聞いたことがある

昔、子供の頃に父親が部下の人達と喋っていたような記憶だ

王子ともなれば持っていて当然のクレジットカードだ

一吹も目を丸くしながら、それでも務めて冷静に対処していく

やはりオーナーであるだけはある

一方、エドワード王子は一吹と三斗希がショコラを詰めている間にとんでもない事を言い出した

「この間に日本のレディ達と思い出を共有しましょう」

「え…」

野村と桐沢が同時に声を上げた

「僕と写真を撮りたい方はどうぞ」

その言葉に桐沢が抑えていた防波堤はもろくも崩れた



~つづく~



拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 王子×特捜×ショコラティエ コラボ

2 Comments

chika  

Re: タイトルなし

ははは(笑)面白く思って頂けたら幸せでーす♪

2017/11/30 (Thu) 22:13 | REPLY |   

かめ  

いつもいつも、お話とっても面白いです!!

2017/11/30 (Thu) 21:39 | REPLY |   

Post a comment