FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

王子×特捜×ショコラコラボ☆プリンスは突然に…32

【天王寺’s Eye】

ドリアポス?

野村さんの発した言葉に俺達は顔を見合わせた

聞いたことのない名前や

人物の名前なんか?

いや、組織の名前か?

情報通の一沙と克之が互いに視線を合わしたが2人とも首を振った

「お前達も知らへん事か」

「私が知らずとして野村さんがご存じという事はかなりディープでコアな会でしょうか」

「野村さんより克之の方がコアやと思うで…」

克之の言葉に俺が返すと揃ったように全員が頷いた

「…ある意味そうかもね」

野村さんは否定せず小さく溜め息をついた

野村さんが真面目な時は面倒くさい事が更に面倒になる

嫌な予感がプンプン臭ってくる

「実は俺もよく知らないんだよね~っていうか実際存在するかどうかも不明なんだ」

「…ツチノコみたいなもの?」

脩介の呟きに瀬名だけが反応した

「広島ってツチノコ捕まえたら1億円貰えるんでしたっけ?」

「今度の公休日に行ってみよう…」

なぜ広島なんやと思っているとボスが野村さんに先を促した

「それは組織の名前か?」

「多分ね」

「何者です?」

瑛希が身を乗り出してくる

「それは誰も知らないんだ」

「へ?」

瀬名の声に誰もツッコまない

もはやそんな雰囲気ではなかった

「この世には裁かれるべき者が裁かれない理不尽な事ってあるだろ?」

「山ほどな…」

ボスのこめかみがピクッと動く

それは俺らも常々肌で感じてる事や

法律で守られていたり、国境という壁や、遥か上同士の忖度でもみ消される事がいかに多いか…

警察官としてこんなに歯がゆい事が多いなんて思わなかった

「それを解決しちゃう連中がいるんだよ…多分」

「は?なんだよそれ…仕事人か」

「日本的に言うとそうだろうね」

仕事人ってドラマの必殺仕事人の事か?

頭の中でチャララ~ンとテーマ曲が流れる

屋根の上を足音もなく走り、悪人の背後にスタッと飛び降り、そして首に細い針がブスッと…

「ワオ!存在するんですか?仕事人!」

瑛希が更に身を乗り出す

「お金で恨みを晴らせたら警察いらないですね」

瀬名がちょっとだけ俯く

「それがドリアポスだと?」

克之が野村さんに視線を戻すと野村さんはうーんと唸った

「別にお金で恨みを晴らしてくれるわけじゃないし、問答無用に悪人を殺すわけじゃないんだ」

「では何をするんですか?」

一沙が代表して口にする

「主にやられるのはマフィアとか、国家だね。ごっそり裏金を奪い取られたり組織を壊滅させられる。ある日突然にね」

スケールがちゃうやん!町娘を助けるんちゃうんかい!

「国ごと消滅したり、組織ごと根絶やしにされたり、まぁなんというか…容赦ないというか」

「国を相手にそんな事ができるつー事はドリアポス自体が巨大権力を持っているということか」

ボスの声が低くなる

「権力か金か、または両方だろうね」

そんな組織があるんやったらええんちゃうのか?

いや…あかん

「そうだね、法律を守っていない分、暴走したら逆に怖い存在になる」

「独裁者として世界を牛耳る事もできる連中って事か?」

「一歩間違ったら…ね」

「その連中がなんだって言うんだ?警視庁でも潰しにきたか?」

ボス…物騒なこと言わんとってください

みんなの顔を見回すと奴らも一応に野村さんに注目していた

ドリアポスってなんやねん

誰やねん

なにがしたいんや

「世界各国で起きている《レ・クラン》という名前の会社や店に攻撃しているのはおそらく世界中のマフィアだ。この前、N国の前に瀕死の状態で捨てられた男はイギリスの国際指名手配だった」

「確かにそうだが…」

「そんな連中がこの日本の小さな《レ・クラン》というショコラ専門店に現れて盗みを働こうとして拉致された」

「リバティにな」

「なにが狙いだ?盗ろうとした銅版はなんだ?」

「一吹はなんて言っている?」

「倉庫を片づけていたら出てきたんだってさ。多分父親が道楽で集めたガラクタだろうって。でも見た目がいいから飾ってみた…だとさ」

…取って付けた理由やな

あの兄ちゃんは見た目とは裏腹に曲者や

「《レ・クラン》という名前だけで一吹の店は狙われた。そして阻止された…悪はどう見てもイギリスのマフィアだ」

そうやわな…

「なぜ一吹の店は守られた?なぜ他の被害者のように爆破されない?」

「そもそも《レ・クラン》ってなんなんだ?」

根本はそこやねん

《レ・クラン》は何者で

なぜマフィアに狙われて

同名のショコラ専門店は守られて…

ん?

なんで一吹兄ちゃんとこだけ守られるねん

それを野村さんが言ってる訳や

「《レ・クラン》は何か魅力的なものを手に入れた。それを世界中のマフィア連中が狙った…ただ肝心の《レ・クラン》が誰かが分からない」

「だから片っ端から襲って表に出そうとした…そして出てきた所をかっさらう」

「うん。俺もそう思う。そしてそのターゲットの中に一吹の店も入るが…壊されなかった」

何でや…

曲者が捕まったからや

何で捕まった?

《レ・クラン》の銅版を盗もうとしたからだ

曲者はなぜ盗もうとした?

「あの銅版が世界中のマフィアが狙っているものとかですか?」

瀬名の言葉を受けて克之はすぐにパソコンを操作した

数多くの写真が出てくる

あのエドワード王子が客と撮った写真が…

そうや…

エドワード王子や!

日本にある小さな店を世界中から注目させたんはエドワード王子が来店したからや

そして銅版の前で撮った写真がSNSで拡散された

あの銅版が日本の《レ・クラン》にあると広まった

「けど銅版が価値のあるものかどうかなんて知ってる人にしかわからないですよね」

瀬名は画面に拡大された銅版の写真を見て首を捻る

「この銅版がマフィアが狙っているものそのものなのか…もしくは…」

同じように画面を見ていたボスが野村さんを振り返る

「これがお前言うドリアポスの物で…マフィアへの牽制になったか…」

なんやて?

なんのこっちゃ!

俺は弾かれたようにボスを見た

野村さんも頷いている

「飛躍しすぎてる…とは思ってる。だけどドリアポスという組織がマフィア対《レ・クラン》の抗争に一吹の店が巻き込まれないように自分達の印を世界中に広めたと思ってもよくないか?」

「そもそも一吹とドリアポスに繋がりなんてあるのか?」

巨大な力と財力を持っていて、世界中の裁かれない悪を潰しているドリアポスという組織と

東京の表参道にある兄弟だけで営業している小さなチョコレート屋

何の共通点があるっちゅうねん

「…王子様かな」

画面に映る和やかに微笑むエドワード王子

この童話から抜け出てきたような王子が必殺仕事人なんか!?

俺の頭の中で仕事人のテーマ曲とヒラヒラレースの服と薔薇の花がぐっちゃぐちゃに舞い上がった



~つづく~



拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 王子×特捜×ショコラティエ コラボ

0 Comments

Post a comment