FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第7章-302話

Category - 第7章
リリィは必死で考えた

キースははったりでアンドリュー王子に向かって行っている

確かな証拠があるならこんな挑発なんていらない

さっさと逮捕でも何でもすればいい

それをしない…いや出来ないのは確実な証拠が無いからだ

だったら自白させて自滅させるしかない

けれど一国の王子がそんな簡単に罪を認める訳がない

キースを助けたい

ほんの少しでもいい

キースを援護したい

キースのため…












ううん 違う

私の体を…私の人生を傷つけた連中をこのまま野放しにしておきたくない

私のプライドが許さない!

だからリリィはティナに告げた

キースではなくアンドリュー王子につくように……

そう…貴女がキースの味方になって生き延びるなんて許さない

私の体と心を傷つけたまま許されるなんてあり得ない!

貴女は敵なのよ!







リリィの思惑通りティナはアンドリュー側ににじり寄った

本物のマイクロチップはここにあると右手を高々と上げた


その瞬間…

空気が切れた

全ての音が消えた

リリィの目の前を真っ赤に塗られた5本の指が何かを掴むかのように宙を舞い…


足元に転がった……







「キャァアアアア!」

それが何かかを悟ったリリィの悲鳴と

右手首を切り落とされたティナの絶叫がホールに響き渡った




~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 第7章

2 Comments

あや  

すっご〜😱やはり想像通り舞ったかぁ。
誰がそんな忍者のような技。確かにジャンさんは訓練された執事だからできるかも🤔この後の展開もドキドキしちゃいます!
しかしティナってほんと凄いわぁ😅リバティを追放されて舞い戻って、しかもフィリップのレプリカティアラ頭に乗っけてパーティーに乗り込むって。リバティ王妃も理解はしてるだろうけど、ガチギレ絶対してるよー😅

2020/01/09 (Thu) 13:15 | REPLY |   

オババ  

( ̄ー+ ̄)

舞った!舞ったわ!!ジャンかな?まさかのクロードとか?あいつはウィルだけが王だからアンドリューは排除よね。にしても、
リリィは一生舞った瞬間を夢に見るんだろうな(-_-;)

2020/01/09 (Thu) 11:22 | REPLY |   

Post a comment