FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第7章-305話

Category - 第7章
「うわっ!」

リュークが叫んで飛ばされる

「…っ!」

バンッとアルベルトの長身が壁に叩きつけられた

「くっそっ!」

最後まで粘っていたジャンの体も宙を舞ってテーブルに叩きつけられた

高級ワインとオードブルが飛び散る

「わっ!な、何なんだよっ!」

ちょうど扉から入ってきたテオが立ちすくんだ

中央で暴れる巨体と振り落とされた3人の執事

血まみれの女をテーブルクロスで巻く執事と

半狂乱になった女を取り押さえる執事

その一瞬止まった隙間を縫ってビリーがグレンを振り解いて転がっている手首に向かってダイブした

ビリーの手がティナの手首を掴む寸前…

またビリーの体が吹っ飛んだ

「早く運べ!」

ビリーを投げ飛ばしたルイスがテオの後ろから入ってきた医者に叫んだ

もがくビリーを制しながらルイスはティナの手首を掴むとテオの持っていた氷袋に放り込んだ

「早く一緒に!」

「お、おう!」

テオはルイスの剣幕に押されながら、しかし瞬時に耳打ちされた事に一瞬理解できなかった

「急いで!」

ルイスに背中を押されて医者と共に意識の無くなったティナを担いで部屋を出る

「ま、待てっ!」

ビリーはふらつきながらテオの後を追う

なぜかルイスはそれを追わず、行こうとするグレンをも止めた。そして壁伝いにエドワードの元に駆け寄った

「エドワード様…これをキース様に…」

ルイスは白いハンカチをエドワードに渡す

エドワードは瞬時に理解してルイスにいつものように微笑みかけた

「確かに預かったよ…さすがだねルイス」

「畏れ入ります…私はジャンさん達の方に回ります。エドワード様はこの場を動かれませんように…」

「そうだね。大人しくしているよ」

「では…失礼いたします」

いつもと変わらないトーンで会話をして、いつもと同じように一礼して去っていく

その一部始終をモニタールームでゼン、アルベルト、マリア そしてリバティのジェームス国王が見ている

皆 無言だ

フィリップのリチャード国王はグロテスク過ぎたのか直視出来ないまま真っ青な顔色で椅子に座り込んでいた

そんな静寂を破るように

「な、何なんだよ…訳わかんねぇ…」

疲れ切った声が近づいてきた

乱闘があったのか

服装と髪が乱れたテオが憮然としたまま帰ってきたのだ

「ゼン…手首…取られちまった…」

テオは震える手をじっと見つめていた

その手は空っぽだった




~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 第7章

4 Comments

はるか  

ルイス!ルイスなの~?(゚ロ゚;) そして、いつものように微笑むエドちん…修羅場過ぎて恐い(((゚〰゚)))

2020/01/16 (Thu) 00:33 | REPLY |   

あや  

エドちゃんとルイスって凄い!
この惨劇の中、切り落とされた手首からそっと悟られぬようにチップ取り出し、そっと渡されて微笑むエドちゃん😅大物だぁ🤭
そして巨大ボディーガードに立ち向かうべく加勢って!カッケー✨個人的にはチームジェシカも加勢してほしい🤣(ダメダメ、おふざけじゃないからね😅)
そして奪われた手首、ビリーはランスロット隊長含む警備隊にすぐ確保されるだろうなぁ。
キースとアルとジョシュ。この3人の立ち位置にもよるけど何してるんだろう。確かにきになりますね!

2020/01/15 (Wed) 14:05 | REPLY |   

あや  

エドちゃんとルイスって凄い!
この惨劇の中、切り落とされた手首からそっと悟られぬようにチップ取り出し、そっと渡されて微笑むエドちゃん😅大物だぁ🤭
そして巨大ボディーガードに立ち向かうべく加勢って!カッケー✨個人的にはチームジェシカも加勢してほしい🤣(ダメダメ、おふざけじゃないからね😅)
そして奪われた手首、ビリーはランスロット隊長含む警備隊にすぐ確保されるだろうなぁ。
キースとアルとジョシュ。この3人の立ち位置にもよるけど何してるんだろう。確かにきになりますね!

2020/01/15 (Wed) 13:59 | REPLY |   

オババ  

えぇぇぇぇっ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚まさかのルイス!!でもでもでも!チップは無事だわな!いまエドワードが持ってるよね🎵てか、この間キースは何してるのかな?

2020/01/15 (Wed) 13:37 | REPLY |   

Post a comment