FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第7章-313話

Category - 第7章
ザー…ザー…

『んん…ふふふ…』

甘ったるい声が聞こえてくる

それが誰のどんな時の声なのか…キースにはすぐにわかった

15才のキースを大人にさせた女の声

キースは口を真一文字に結んだままアンドリューを睨みつけていた

ハッタリでアンドリューとティナの情事の場面の声が入っていると言ってみたが…まさか本当にそうだったとは思わなかった

『…さすが…未来の国王様は…んん…凄い…ああん…いい…』

『…そうか…』

ようやく聞こえた声はアンドリューかどうか確信できない

『お前も…こうしてキースを手玉に取ったか…』

明らかにわかる

アンドリューだ

『取るも取らないも…あんな子供…ああっ…そこ…さすが…アンドリュー様…いい…っ!』


初めて名前が出る

『お前は…庶民でいるにはもったいない…お前はもっと上から人を見下ろせる』

『私が…?ふふ…ではアンドリュー様が私を上に上げて下さるの…?』

『ああ…そのために俺も最高位に上り詰める…お前の力が必要だ…』

『私の力…んんっ!そこ…っ!…ああ…もっと…!』

『俺に協力しろ…』

『何を…?』

『もう一度…キースを手玉に取れ…お前なら、いやお前にしかできない…』

『キースに抱かれろって事?』

『お前が直にする必要はない…他の女を抱かせろ…お前は俺が抱く…俺の女だろう?』

『ああ…アンドリュー様っ!』

ティナが喘ぐ声が響き渡る

「悪趣味な…」

ジョシュアが露骨に顔をしかめる

「ねぇ…何で俺は耳を塞がれてるの?」

背後からアルベルトに耳を塞がれてるロベルトが首を傾げる

「過保護ですね」

ジャンが涼しい顔をして微笑む

『キースに隠し子を作らせろ…そして内からリバティを揺さぶる…お前を追い出した王妃を煌びやかな世界から闇に落とせ…楽しいだろう?』

『ええ…楽しみだわ!こんな楽しみを与えて下さるなんて…ああ…!アンドリュー様!』

『壊せ!リバティを!そしてお前は俺の横で民衆に手を振るんだ…』

『ああ…!アンドリュー様!私…私…やるわ!だから…だから抱いて!もっと!もっと…激しく…っ!』




バンッ!

モニタールームでジェームス国王が壁を拳で殴りつけた

怒りで顔が赤くなっている

対照的にリチャード国王はどんどん青ざめていく

腹違いとはいえ弟が…仮にも王位継承第2位の王子が…

「もう…フィリップは終わりだ…」

リチャード国王は力無くうな垂れた

今までの華やかな生活が音を立てて崩れて行く

スペンサー家の王政は99代で消えていくのか

自分の代で終わる…終わる…

「アンドリュー!お前はもう終わりだっ!」

キースの声が響き渡った


~つづく~




拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ





Category - 第7章

3 Comments

匿名希望  

でも、瑠璃さま素敵すぎるから。
私的にはウィルが揺らいで悩んで、という姿にきゅんとするし、ここでしか読めない切ない展開が貴重だなと思ってます^^
もちろん本命はキース様ですけど!楽しみにしてます

2020/02/01 (Sat) 02:45 | REPLY |   

あや  

情事の最中に楽しそうな会話でございますこと💦確かに悪趣味です😅シェリルちゃんや瑠璃にはとても聞かせられないわよ💧気持ちのいい会話でもなければ、母にとっては可愛い息子を弄んだ女狐、瑠璃は過去の女だもん。気分良くないよね💧
リチャードしっかりしなよ!国王と王妃の間に生まれたれっきとした後継者なんだよ!クロードもほんとバカな男よ!敬愛してやまないウィルに対しておんなじような事考えて。ノエルを認めないから表向きの王妃を据えて側室に子供とかさ、揉める元だっつうのよ!

2020/01/31 (Fri) 18:54 | REPLY |   

オババ  

そりゃぁ、シェリルちゃんを闇に落とせだのリバティを壊せだの言ったらジェームス君大激怒するの当たり前だよ( ̄▽ ̄;)アンドリュー……命無いよ😓
さて、アンドリューはどう開き直るのかな?ティナを甘く見てたから、こういうものが出てきて、自分の首閉めてるわけだしねぇ(*-ω-)人を呪わば穴二つだよ!
そろそろウィルくる?ドアの前で聞き耳たてて入るタイミング伺ってるのかな?

2020/01/31 (Fri) 12:20 | REPLY |   

Post a comment