FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第7章-326話

Category - 第7章
たわいもない話をしながら食事をした後、ゆっくりとソファに移ってワインを楽しむ

その後も取り留めも無く話す

たまに訪れる無音ですら心地いい

そんな時にゆっくりと肩を寄せ合う

俺の肩にもたれる瑠璃の髪を撫でると気持ちよさそうに微笑んだ

「キース…」

瑠璃は顔を上げるとまっすぐ俺の顔を見つめてきた

白眼の少ない黒い瞳

強さより優しさが勝る目元

その瞳に俺だけが映っている

そのまま瑠璃は口を開いた

「あの時パーティー会場であったこと…私に全部話した?」

「全部…か」

全部と言えば嘘になる

『ティナがアンドリューとのやり取りを記録していたマイクロチップを隠し持っていた。それを素早くルイスが奪い取り、アンドリューの目の前でリュークが再生して悪事を暴いた』

…間違ってないだろう?

「本当に?」

それ以上の説明は必要か?

俺は瑠璃にあの修羅場を克明に説明する勇気はなかった

「なぜティナさんは病院に入院しているの?」

「そりゃあ…一乱闘あったからな。巻き込まれたっつーか…」

「凄い人数で救急車に運んで行くのが窓から見えたけど」

「打ち所が悪かったんだよ」

手首が吹っ飛んだなんて言えるか!

「その後リリィさんも…」

「あいつの場合は精神的に耐えられなくなって錯乱したから病院に運んだんだよ」

「そんなに…?」

「そりゃあ、すぐそばで人が撃たれるなんて見たら…」

本当はその前からだったがな

自分がティナを焚きつけ、その言葉通りに動いた瞬間、ティナの手首が切り落とされ、自分の目の前に落ちてきたんだ

あの状況で平気でいられる女はレオナルドの所の女位だろう

「…そう」

瑠璃は取り敢えず納得したのかふうっと息を吐いた

「彼女達はどうなるの?」

それか…

俺は瑠璃を抱き締めてポンポンと背中を叩いた

「ティナの処分はドレスヴァンが決めるから俺は口を挟めない…ジョシュアに一任した」

それは嘘じゃない

国籍がドレスヴァンにある以上、俺でも手は出せない

ただジョシュアは言った

『以前俺はリバティの王妃様に処分は任せて欲しいと嘆願し、土地と屋敷を取り上げた…それが手緩かったと後悔している。王妃様に顔向けができん』

その決意に俺も同意せざるを得なかった

だから最上級の厳罰が下ると思う

「リリィさんは…」

心配そうに俺を見上げる

「本来ならお前がリリィを厳罰に処して欲しい、いや、しろと命じていい立場なんだぞ」

「私の意向が通るのなら…なるべく穏便に…」

…ったくお前ってやつは

「だって彼女だけのせいじゃない。利用させられたんだもの。病気じゃないのに病気にさせられて…それに…」

言いたいことはわかる

俺も大いに悪い

だけどな…

「俺の携帯を勝手に操作してお前に偽のメールを送った。そして通信を妨害した…それだけでもリリィの罪はかなり重いものになるんだ」

「そんなの…私もう怒ってないし…」

瑠璃は嘆願するように俺を見つめた

その潤んだ瞳に俺は心を鬼にして言う

「お前の優しさは人として正しいかもしれない。けどな王妃にはいらねぇんだよ」

「それは…」

「リリィをお前が許したからと言って何の咎めもなく世間に戻した時に100%改心するという保障はない。逆に王家に逆恨みを持って更に大きな事を起こす可能性もゼロじゃない…」

そう…ティナがまさにそうだろう

「だから…鬼になれ。悪魔になれ」

後で泣いてもいいから…

俺が抱きしめるから…

俺が必ず守るから…

瑠璃は俺のシャツをギュッと掴んで俯いた

今すぐ納得はできねぇだろうがそれもアルフォード家に嫁ぐ女の使命だ

俺は瑠璃を強く抱きしめた




~つづく~






拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 第7章

2 Comments

あや  

国家を覆すような事件というか、表沙汰にはできないけどその片棒を担いでしまったマグライン家。確かにリリィは首謀者でなく利用されたんだけど、厳しく断罪されるのは免れない、穏便に済ませてたらつけ込まれる。だから王妃は強くあらねばならないんだよね!
瑠璃ちゃんも甘い顔はしたらダメなの。

2020/02/26 (Wed) 20:14 | REPLY |   

オババ  

ティナはマジで2度と日の目は見れないね!なにせ相手はジョシュアだもん✨王妃様に顔向けできないとまで言わせたんだから、極刑でしょ!

キースの言うことはもっともだと思うの。王妃たる強さってのはある意味裁判官並みに私情を挟まず、情に流されず、そこにある罪と証拠を見て裁かなきゃならないんだよね。ただ…ただ、これを瑠璃ちゃんに裁かさすぅ……1滴の同情心なく情けもかけずにキースが罰して、自分自身の甘さも完膚なきまでに消し去れよぉ~。瑠璃ちゃんにはその結果を納得させるじゃ駄目かな(o;д;)oでもでもでも……強くならなきゃ駄目かぁ。瑠璃ちゃんどうする?

2020/02/26 (Wed) 10:41 | REPLY |   

Post a comment