FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

Route map of the destiny~フィリップ国王~2~

数日後に初めて婚約者という女性に会った

決して悪い印象ではなかった

だが…ときめきや期待など何も無い

ただ《女性》という存在だ

これも運命なのだと思い込む

結婚して子供を作るのは義務であり公務なのだ

父上は病弱な私から世継ぎは出来ないと思っておられた

成人迄生きたという事すら計算外だった

思い起こせば子供の頃、いきなりお前の弟だと小さな男の子を紹介された

側室の子…

私が王位を継げないかもしれないとして父上が側室に生ませ、それを更に別の私の実母より権力を持った側室に育てさせていた

愛妾という名の裏の王妃だ

私に息子が生まれなければこの義弟アンドリューに王位が回る

私は子供を作らねば…

けれど…

婚約者の父親が告げた言葉に声を失った

父上が決めた私の婚約者は…生まれながらに子供が産めない体質なのだと…

女性特有の生理現象もある…が、妊娠できる可能性が極めて低いらしい

それを国王様には御了承いただいた。いや、むしろその方がありがたいと仰られた…と

父上は最初からアンドリューを後継ぎにするつもりだったのだと今更ながら気付かされる

成人迄生きられないと思った長男を早々に見切り、次男を生ませた

次男を次期国王にすべく育てて来たのに長男は細々と生きている

その状況をも予測して、あえて子供の出来ない体質の女性を婚約者とした

…これでいずれはアンドリューが王位に就くことになる

父の敷いたレールに私は乗せられ、そして人知れず暗闇へと追いやられるのか

私は自分の未来に絶望していった



~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 番外編☆国王編☆

2 Comments

あや  

よっぽどアンドリューに継がせたかったんどね。きっとアンドリューが国王になったらフィリップはリバティに侵略されるな😅そしてクロードは歴史を繰り返させてしまう手前までいった馬鹿な執事。まだ床に額を擦り付けてる←しつこい😂
けど、リチャード君絶望感の中で光を見いだしたんだね✨その光は眩かっただろうよ。王子が2人🤴🤴まぁ、長男は逃げ出したけど💦ウィルがいてよかったねぇ✨

2020/02/29 (Sat) 08:33 | REPLY |   

オババ  

ここの爺さん腹立つなぁ((ヾ(≧皿≦メ)ノ))そりゃ、リチャード君性格歪むわ←(笑)デキ婚であったわけだけど、王子を産まなきゃってプレッシャーは6カ国1だったろうね。それでも、2人王子産まれても尚爺さんにはアンドリューだったわけだし……辛いね(TДT)

2020/02/29 (Sat) 08:12 | REPLY |   

Post a comment