FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-2話

Category - 第8章
処分の対象になるべき者はまだいる

リリィ本人はもちろんの事、最初に娘の体を使っての策略に乗ったのは両親だ

いくら娘を王家に嫁にやりたかったとはいえやり過ぎた

その処分は当然リバティによる

「まずマグレイン家は貴族の称号剥奪…意義はないな?」

重厚なジェームス国王の声が議事堂に響く

一段高い議会の上座にジェームス国王とキースが並んで座っている

今までは国王は上座
一段下がってキース
その下に大臣達が位順の席順だったものが国王と王子が同列になったことが現在のリバティを表している

キースが国王になる日は近い

その壇上から国王と次期次期国王が見下ろす中

ジェームス国王からの言葉に大臣達はすぐに返事ができなかった

なぜなら大臣の中にマグレイン家系の者がいるのだ

「お、恐れながら国王様…」

声を震わせながらマグレイン姓の大臣が顔を上げた

「私も…処罰の対象に…でしょうか…」

「お前は今回の件で何か加担したのか」

国王の問いに大臣は思い切っり首を振った

「滅相もございません!」

「ならば事前に何か聞いていたか」

今度はキースの抑えた声にビクッと肩を震わせて首を更に振った

「全く!全く知りませんでした!知っておりましたら全身全霊をもって止めておりますっ!」

「それが嘘だと後にわかった時は…わかっているよな?」

「1mmも嘘はございませんっ!」

大臣の頭に世界一脱獄不可能と言われる孤島の刑務所が浮かんで必死で消し去る

滝のような汗を流しながら大臣は机に頭を擦りつけた

「加担していない者を同族というだけで処罰する必要はないかと思います。如何でしょうか」

キースは国王に視線を移して尋ねる

「当事者であるお前がいいというのであれば…だがな」

「優秀な大臣を巻き添えにするのは国の損失にもなります。彼には私が国王になった際にも力添えして貰えればと思っております」

「ならば…処分は無しとする」

国王の言葉に大臣は床に這いつくばるようにして頭を何度も下げた

(…勝手なシナリオを作りおって…)

(父上だって最初から処分するつもりはなかったでしょう?)

(一応見せしめは必要だろう?)

(一気に緊張感が増しましたね。さすが国王の威厳…)

(自分だけ慈悲深い次期国王を演出したな)

(円満な公務遂行の為です)

(勝手な奴だ…)

壇上でそんな会話がされていることなど誰も知らず大泣きする大臣を他の大臣が諫めながら立ち上がらせていた

「問題は当人達だな」

国王は法務大臣を名指しした

「マグレイン家取り潰しの処置をせよ」

「かしこまりました」

法務大臣は深々と頭を下げた

「当主とその妻だが…」

「最低でも国外追放でしょう」

国王がキースを見ると即決で返事が返ってきた

「リバティ以外であればどこへでも行けばいい…わが国で扶養する義務はありません」

キースの冷たい声に大臣達の間にまた緊張が走った

「娘は…」

「リリィは未だ精神状態が不安定です。落ち着き次第国外退去の手続きをするつもりです。ちなみに姉エミリーは今回の件で加担してはおりませんでしたので、本人の希望であればリバティ国内で居住する事は認めてもいいかと思っています」

「親子一緒がいいのかは本人達に決めさせるか」

「そこまで国王様が考える必要はありません。貴族の称号を失った彼らがどうやって生きていくのかは…あずかり知らぬ事です」

やはり現国王より次期国王の方が非情かもしれない

大臣達は一様に息を飲む

キースに先代国王クラウスが重なる長老の大臣達もいた

身内には優しいが敵には容赦ない

ただし理不尽に過保護に身内をかばわない

それがキースが家臣に恐れられながらも慕われる要因の1つだ

クラウス前国王の気質をキースは受け継いでいる

「わかった…マグレイン家の個々の処分はお前に任せる」

「かしこまりました」

キースは恭しく頭を下げた

リリィの処分…




それはキースに一任された



~つづく~




拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ



Category - 第8章

3 Comments

孤島の刑務所  

こないの?🦈

ざぁ〜んねん🦈🦈

いつでも待ってるね〜〜🦈🦈🦈🦈🦈🦈🦈🦈


2020/03/03 (Tue) 12:32 | REPLY |   

あや  

親族の処分。駆け引きも大事だよね!さすが、ジェームス君!
お家取り潰しになり、リバティ追放されても残りの5カ国の親戚とか知人頼ったとしても自分も巻添えくらったりしたくないからみんなそっぽ向くんだろうね。
と、なるともうほんとに6カ国以外の所でなんのつてもなく生き延びるしかない。自分達の夢破れた時のことなんて何も考えてたら大人しくリバティで生活できてたろうに。そもそもシェリルちゃんはリリィの事が嫌いなんだから王妃様にはどうやってもなれないだろうに💧

2020/03/03 (Tue) 12:30 | REPLY |   

オババ  

壇上の2人の会話が楽しすぎるぅ~(((o(*゚∀゚*)o)))

大臣達も絶対にキースに逆らおうなんて思わないよね!なんかやったら、マグレイン家の二の舞だもん(-_-;)キース狙ってた娘がいる親は娘への監視というかなんと言うか、厳しくなるだろうねぇ💨

国外追放……ことがことだけに同盟国じゃ生きにくくなりそうだけど……お姉さんだけが物凄いとばっちりで今までの生活を失うのね(・・;)夢見たエドワードとの結婚はなくなり、お嬢様としての生活もなくし、下手すりゃ家族離散だし……親が娘を王妃にする夢を捨ててればそれなりのとこに嫁いで幸せに暮らせただろうに😞💨

2020/03/03 (Tue) 10:51 | REPLY |   

Post a comment