FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-10話

Category - 第8章
翌日…私はリリィさんの病院へと向かった

キースに会わせる訳にはいかない

キースは私が守る

そんな私の後ろにちょっと心配そうなリュークさんがついていてくれた

キースが公務の補助はアレックにさせるからお前は瑠璃に付けと命令していたのだ

私一人で行けるのに…

そう言ったのだけれど

「お前はわかってない。お前は次期王妃だ。一人で行動するな。必要なくとも執事の一人や二人、メイドにSPを伴って歩け。お前はリリィとは違う」

そう言ってリュークさんを付けてくれたのだ

だからなのかリンちゃんとランスロット隊長までいる

心強い事この上ないけれど

丸くて小っちゃいリンちゃんの横に背が高くてガッシリとしたランスロットさんという凸凹コンビが心を和ませてくれる

「行きます」

私は2人の姿を見て深呼吸をして

リリィさんの病室の前に立った

「はい」

リュークさんは目が合うと力強く肯いてくれた

リュークさんがトントンとノックする

中から返事をする声がした

リュークさんはまず自分が入り、中を確認

ランスロットさんは廊下を確認して病室に背を向けた

「…キース?」

リリィさんの声がした

リュークさんを見てそう思ったのか

気のせいか嬉しそうに聞こえる

だから

私はスイッチをいれた

「失礼します。お加減いかがですか?」

私はゆっくりと前に出た

リュークさんが私に通路を開け頭を下げた

ベッドに起き上がっていたリリィさんの目が大きく見開いた

「…キースじゃないの」

「キースの代わりに来ました」

「忙しいのね…次期国王様は」

「いえ…関係ありません。キースに話がしたいとお聞きしたので私が聞きに来ました」

「私はキースに話がしたいの!」

「言葉を慎め!」

声を荒げたリリィさんにリュークさんが怒鳴った

「瑠璃様は次期王妃様だ!敬語を使え!」

リュークさんの語気の強さにリリィさんの肩がビクッと震えた

「…そう…でしたね…」

リリィさんはギリッと唇を噛み締めて目を伏せた

この人はまだ…キースの事が好きなんだなと思う

そして私を認めたくない

「私は貴女と恋愛話をしに来たわけではありません」

敢えて無視して話を進めた

「貴女の処分についてお知らせをするために来ました」

淡々と伝える

感情をいれちゃダメ…

「私の処分…」

「はい。マグレイン家の処分です」

「…っ!お父様とお母様は…」

「マグレイン家は貴族の称号を剥奪させることが議会で決定しました。御当主と夫人は国外追放となります」

「国外追放って…どこへ…ですか!?」

「リバティとその同盟国から出て行っていただきます。6ヶ国以外でしたらどこへでも…」

我ながら冷たい言い方…

「……っ!」

俯いて唇を噛み締めるリリィさんの涙がシーツの上にポタッと落ちた

「お姉様のエミリーさんは今回の事に関与していなかったと判断致しました。ですからリバティ国内に留まる事は許可いたします」

「お姉様は…逆に辛い…」

「リバティ国内に残るか、ご両親と一緒に国外に行くかは御本人に決めて頂きます。それに関して王家は関与しません」

「お姉様は一人で生きていけません…っ!」

「親戚を頼るなりなさればいいでしょう」

「そんな…」

「それだけあなたがしたことは大きいのです。何も知らないお姉様から家も身分も家族も奪うほど…その自覚は未だにありませんか」

「罰せられるなら私が…私が受けるから!お姉様は…!」

「あなたはあなたで罰を受けなければなりません。お姉様の分を背負う程の余裕はありません」

「…!」

リリィさんに反論させないように私は断言をしていく

「あなたの処分はまず、ティナさんと証言をして頂き真実を明らかにしてもらいます。それから…ですね」

「私は…一言キースに謝りたい…」

「謝罪の申し出があったことは私からキースに伝えます」

「直接…」

「できません。いえ…私が許しません」

私はリリィさんを真正面から見続けた

目は絶対に反らさない

声を震わせない

動揺しない

私は…キースの妻になるのだから


私はお腹に力を入れた

「二度とキースに会うことは私が許しません!」




~つづく~




拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ



Category - 第8章

2 Comments

あや  

確かにお供をつけていくのと1人で行くのは意味が違う!公か私というね。公にだから時期王妃と立場だからあなたとは違うと思いっきりわかりやすくて👍
一庶民、しかも国外追放となったのだから私が言えば駆けつけてくれる、直接会話できるなんて全然立場理解してないんだな笑
本来なら使者に遣わすべきとこをお見舞いも兼ねてわざわざいってあげたんだからねぇ。
今後キースと瑠璃の事を死ぬまで見て生きていく、ある意味これも生き地獄で処罰でもあるが、これもある意味仕方ない事だね。

2020/03/19 (Thu) 10:52 | REPLY |   

オババ  

強くなければ一人の男と7億の国民を守れない!瑠璃ちゃんいいよぉ~✴️帰ったらキースが抱き締めてくれるから( 〃▽〃)

リュークが執事に見える←(笑)ゴムマリと鉛筆と超合金を従えてる(((*≧艸≦)ププッリンちゃんなんてリリィを睨み付けてそうだよね。

キースのリリィとは違う発言好きだわぁ✨確固たる線引きだよねぇ🎵

国外追放で良かったじゃん。極刑回避したかったんでしょ?文句言うなよ、青ざめるなよ!フレットアイランドに収監されてもおかしくなかったんだからさぁ、本当にお姉さん被害者だよね😞💨。一般人になったアータがキースに直接謝罪できるわけないじゃん!次期王妃が来てくれただけ有り難く思え!!

2020/03/19 (Thu) 10:29 | REPLY |   

Post a comment