FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-37話

Category - 第8章
じゃあ…とリュークが呟く

「マグレイン家が嘘の病気療養させているのを気づいたアンドリュー王子がつけ込んだんじゃなくて、最初っから?」

「病気をでっち上げろと言ったものアンドリューだろう」

クソッとキースが毒づく

「キース様…恐らく、ですが」

ゼンが一瞬言いよどむのをキースは目で促した

「もっと前から…ティナをキース様の元に送り込んだのももしかしたら…」

ゼンの言葉にキースは目を見開いた

「俺が15の時からだって言うのか…っ!」

「王子様方のお妃様の座の争いはお生まれになった瞬間から始まっているのです」

だからどんな陰謀があっても不思議ではない

「今、ジャンがティナの取り調べを行っております。生い立ちから溯って…のようです」

「生い立ちから?そんな昔のことからかよ」

「何でも取り調べを直接行っているエージェントの師匠の教えとか…相変わらず秘密主義なのでそれ以上は言いませんが」

「気の長い話だ…まぁ俺達が爺様の時代まで遡った事を思えば短いか」

妙に納得するキースだが思い返せばまた怒りが込み上げる

「でもゼン様…」

リュークがさっきまで怯えていた事をすっかり忘れて身を乗り出す

「キース様のお妃様には瑠璃様と決まりました

なのに婚約発表も終わってから亡くなった方もみえるのですか?」

「ああ…いらっしゃる…残念ながらな」

「なぜですか?もう競争は終わったのだから狙われる事もないのでは…」

リュークの疑問にゼンは少し唸ってから口を開いた

「自分が病気になったり事故にあって後遺症が残ってしまった理由がキース様の争奪戦だったと知って…

その結果を知った時に絶望した方が何人かいたという事だ」

「え…では自ら…」

「貴族にとって娘をいかに上流階級へ嫁がせるかが1つのステイタスになっている嫌いがある

最高位の王妃の椅子が取れなかったとしても上級貴族の令嬢であれば同じように王族筋や、上級貴族に嫁ぐ事もできるだろう

しかし重症の場合、一生ベッドの上という方もいらっしゃる…」

自分自身の目標を失い、親の期待に応えられなかった罪悪感

更に自身も傷つけられ未来に光を見いだせなくなってしまった

「人生の最終目標を失う…結婚だけが全てじゃないのになぁ…」

「そう教えられて育ってはいない方は絶望から命を絶たれる…これは昔からだ

王子様の婚姻が決まると時折起こる現象だ

修道院に入られる方はまだいい…」

ゼンですら溜息が出てしまう

もっと貴族の女性達も結婚に頼らず自立できるようにしていかなくては…

これではいつまでたっても一般女性との考え方に差が出るばかりだ

「そういった方を除けば新たな犠牲者は出ていない」

「よかったぁ~」

ほっと大きく息を吐くリュークはふとキースが黙ったままなのに気づいた

「キース様?」

「もし…もし瑠璃の事故までアンドリューの指示だったら…」

リュークはその声の低さに肩をビクつかせた

「関わった奴ら全員ただじゃおかねぇ…他国の法律なんて生温いっ!どこの国籍の奴だろうがリバティの、いや、俺の采配で極刑にしてやる!公開処刑して次期リバティ国王の力を見せつけてやる!徹底した根絶やしだっっ!」

立ち上がったキースが叫んだ

背後に派手に轟く火山の噴火と燃え盛る炎と複数の稲光と落雷が入り交じって見える

「やべ…っ!こうなったらもう誰も止められない…」

すがるようにゼンを見たリュークだが…更に凍り付いた

ゼンは…

まるで難問を解いた生徒を見るようにうっすら微笑んでキースを見つめていた


~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ




Category - 第8章

2 Comments

chika  

リュークペンギン🐧💨🐧💨笑った(笑)

キース怒らしたら怖いぞー怖いぞー!めっちゃめちゃ怖いぞー!

アンドリューも生きていたら 生きたまま逆さづりでサメの餌か

ハチミツかけられてグリズリーの前に放り出されるぞー(笑)

それを「さすがキース様✨✨」と微笑むゼンさんはもっと怖いぞー(^◇^;)


2020/05/04 (Mon) 18:57 | REPLY |   

オババ  

怒り狂い噴火する火山に燃え盛る炎、雷鳴と稲光に無数の落雷をバックにする怒れる黒豹王キース!!それを微笑んで見るゼンとペンギンのようにパタパタ右往左往するリューク🐧(笑)

キースの采配で処罰決定って言ったら命ないよ(-_-;)アンドリューはもういないから……ティナは確実だよね、ビリーも……マグレイン家はどうかな?特にリリィ……自分の身体の事とかアンドリューの策略をしらなかっとしてもプライドの高いリリィが庶民の瑠璃ちゃんにキースの恋人の座に座られて納得するか?こんなことがあってリバティの客室に監禁されててもキースの瑠璃ちゃんに対する愛情を見せつけられても納得してなかったくらいだよ!?他の令嬢達とパターンが違う……ここだけアンドリューじゃなくリリィの希望と言うか考えでボロックだっけ?あの執事…あれが動いたってことはないかな?もしそうならキースどうする?瑠璃ちゃんは自分は生きてるしキースの絶対的な愛を全身全霊で受けられてるんだから極刑は願わないだろうけど……地下牢に生涯収監はあるかも((( ;゚Д゚)))

2020/05/04 (Mon) 10:33 | REPLY |   

Post a comment