FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-40話

Category - 第8章
世界中のどの国の王室もそれぞれ何かしらの問題を抱えている

表だって不仲とされている王と王妃

王子同士の兄弟間での後継者争い

逆に王位継承権放棄

愛人、不倫問題

世間に知られているマスコミからの情報などほんの氷山の一角だ

ミッシェル城を囲む同盟6ヶ国も例外ではない

「うちは複雑過ぎる…ノエルが覚えきれないのも当然だ」

ウィルは執務室でふうっと溜息をついた

ウィルが確認していたのはスペンサー家の家系図だった

そこには当然ウィル文句をスティーヴも、そしてアンドリューも含まれる

ウィルはパタンと本を閉じた

部屋の中はただ一人だ

執事はいない

クロードは罪を償うためミッシェル城に幽閉されている

罪を償いながら様々な教育をゼンから受ける事となった

かなり厳しいものらしいが命が助かっただけでもクロードは恵まれている

フィリップ王国次期王妃からの助命嘆願とあれば他国も反対できない

更に…クロードの部下であったビリーもアンドリュー側の人間だった

その双子の弟リックもだ

ウィルは城内に味方はいない…と腹をくくった

これが国王になるための試練か

「ウィル…いい?」

小さなノックの後、ノエルが顔を出した

「うん…いいよ」

ウィルはふっと頬を緩めてノエルのそばに近づいた

「そろそろお茶の時間でしょ?」

ノエルが廊下でワゴンをメイドから引き継いで執務室に入ってきた

クロードがいない今、自室はもちろん執務室に入ることができるのはノエルだけなのだ

「ありがとう…ノエルも一緒に」

「いいの?」

「ああ…休憩に付き合って」

「はい!」

嬉しそうに微笑むとノエルは甲斐甲斐しくウィルを前にお茶の準備をする

「お仕事たくさんあるんですか?」

「うん…いつもの公務の他に父上から引き継ぐものがたくさんあるからね」

「そうですよね…私もちょっとずつですけど王妃様から引き継いでいます」

「母上はまだ引退する気がないからな…俺の戴冠式後に必要なものから順番に引き継いでいけばいいよ」

「はい。頑張ります!」

無邪気に微笑むノエルが今のウィルにとって唯一の心の救いだ

そのノエルの為にも絶対改定しなくてはいけない法律があった

それは

《側室制度の撤廃》

王室に伝わる悪しき習慣

この制度のせいでどれだけ家系が複雑になり、あちこちに遺恨を残してきたことか

後継ぎは正室である王妃の男子のみ

単純明快ではいかない法律ではあるが自分が国王になるこのタイミングで徹底的に改定しよう

そのために仕事量も増えていたのだ

そういえば…

ふとウィルは思い出してさっき閉じた本に目をやった





アンドリューの実母はどうしてるのだろうか


それは家系図に載っていない…




~つづく~


💒GWは終わったけれどこのまま行けるとこまで
毎日更新します❗どこまでいけるかな(笑)

起承転転転転…結?

結はまだまだだぁ~😰

お楽しみくださいませ

城主chika💒




拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ



Category - 第8章

2 Comments

chika  

実は今の時点で55話まで上がっているのだ(笑)だから余裕さ(≧∇≦)b

って調子に乗ってるとすぐにストックがなくなる( ̄0 ̄)

起承転転転転転転転…結 結はどこやねん!

2020/05/07 (Thu) 20:52 | REPLY |   

オババ  

転が多い(・・;)

えぇ!!?アンドリューの実母💦家系図にも載ってないの!?側室は載らないのか?いや、もうでてこないで💦

ウィルはさぁ、人に対して壁を作りすぎるから孤独になるんだよ。エドちんやロブたんが海のごとく広いキャパ持ってるとして、ウィルは水溜り程度だよ💦海程広くなくていいからせめて琵琶湖サイズくらいには広げよう(。-人-。)クロードを石と言いながら頼りきってるからアレはアレで血迷ったことするんだから!

毎日更新お疲れ様です(^o^ゞ読み手としては楽しみですが、Chika様あまり無理はしないでくださいね。

2020/05/07 (Thu) 10:29 | REPLY |   

Post a comment