FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-43話

Category - 第8章
皇太后は言ってニコニコしているが6人の王子達は一様に凍り付いた

それは孫であるグレンもだった

《断罪の剣》…

それはフィリップ王国の極秘事項の筈

なぜそれをオリエンスの皇太后が知っているのか

ウィルは膝の上の拳をギュッと握り締めた

皇太后が《断罪の剣》を知っているということは何があったのか知っているということだろう

「…なぜ…皇太后様はご存知なのでしょうか…」

ウィルは冷静を装って抑えた声を発した

一瞬キースが心の中で舌打ちをする

認めるのが早ぇんだよ!

と…

「おや、いとも簡単に認めたねぇ」

皇太后も目を丸くする

「それもよかろう。性格の良さの現れよ」

皇太后はまたほほほと笑う

「昔からフィリップには時々不思議な事が起きると伝え聞いておったわ

国内で、いや王家で問題が起きると誰かが死ぬ…とな」

皇太后は世間話をするトーンで言って紅茶に口をつけた

リビングに小さく流れるクラシックがやけに大きく聞こえて

ウィルは皇太后の次の言葉を待った

「私は気になるとすぐに聞きたくなる性分でね

一度フィリップの国王に聞いたことがあったんだよ。あんたのお祖父様な」

つまりはリチャードとアンドリューの父親

第98代フィリップ王国国王

病弱で国王になれないと言われていたリチャードの妃アンジェリーナからスティーヴとウィルが続いてが生まれ、次期国王にと策略していたアンドリューの王位継承が遠のいた時、怒りと失望から血管が切れたことが原因となって数年後に他界した国王…

自分が生まれたせいで祖父が亡くなったのかと落ち込んだ事もあったが、祖父のしてきた事を知るにしたがってこれも運命だと受け入れるようになった

それだけ横暴な暴君でもあったのだ

フィリップ前国王には正室であるグレース王妃と

側室であるエレノアがいた

グレース王妃はリチャードを生んだ後から表舞台から消えた

代わって国王の横に常にいたのは側室エレノアであり

フィリップ国民の多くは王妃はエレノアだと勘違いしていたという

ウィルは当然グレース王妃が自分の祖母であり正式な王妃と教えられてきたため、エレノアに挨拶する事すら父リチャードと母アンジェリーナからきつく止められていた

もっともウィルが幼少の頃に前国王は亡くなり、エレノアの力は一気に無くなった

その顔もうっすらとしか覚えていない

いつもアンドリューの後ろにいた派手な女性…

その程度の認識だった

王室内にそんな軋轢を作った祖父をウィルは尊敬できなかった

その祖父とオリエンスの皇太后は《断罪の剣》の話をしたというのか

「あれは…いつだったかねぇ

あんたの父親リチャードが決まっていた結婚を取りやめて今の王妃と結婚するとかしないとかざわついていた頃だね」

皇太后は額に指を当てて思い出しながら話し始める

「突然前国王の側近が亡くなったんだよ

多額の国費の横領が発覚して…揉めてる最中の急死だったわ

これは不自然じゃと思って聞いてみたんだよ

国王本人にな」

ウィルの背中に冷たい汗が流れる

皇太后はどこまで知っているのか

この話の真相はスペンサー家しか知らないはず

現国王と現王妃、そしてスティーヴとウィル

4人しか知らない事実を皇太后は話そうとしていた



~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ



Category - 第8章

2 Comments

chika  

時系列としたらスティーヴが生まれて1本血管が詰まって、ウィルが生まれて血管が切れかかって、2才のキースに次期国王はウィルだと言われてブチッ!かしらん( ̄0 ̄)

2020/05/10 (Sun) 13:15 | REPLY |   

オババ  

婆様何者?それはオリエンスの皇太后様(゚∀゚ )
そんな他国の騒動が気になったからダイレクトに聞いたの!?好奇心旺盛な婆様だな(・・;)今からする話は他の王子達にとっても初耳状態だよね。何を話す?

先代国王が亡くなったのって、キースがアンドリューもスティーブも拒否ってウィルが国王だっていったから血管切れた?で、派手な側室は力を失いいまどこだ?もういないかな?アンジェリーナちゃん達に嫌われてたならどっかに幽閉されたかも!ベルサイユのばらを思い出す😃💡フィリップって本当に内情どろどろだな(-_-;)ウィル頑張って側室制度廃止しよう!!

2020/05/10 (Sun) 10:20 | REPLY |   

Post a comment