FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-57話

Category - 第8章
今夜は月食だとニュースで言っていた…

どおりで暗いはずだ

キースはそう思いながらそっと頭を撫でると瑠璃はうっすらと目を開いた

まだ肩で息をしている

お互いにようやく汗が引いて来たところだ

キースはベッドヘッドにもたれて髪を搔きあげた

瑠璃にありったけの愛情を十二分に注ぎ込んでその恍惚感にしばし浸る

抱いても抱いても足りない…

愛おしくてしかたない

抱き心地も体の相性も感情の交わりも全てに違和感がない

いやそれ以上だ

100%しっくりくるからこその満足感と達成感

そしてまた欲しくなる…

「キース…」

「ん?」

瑠璃が頭を撫でられながら体をキースの方に向ける

潤んだ上目遣いにこんな状態なのにまたドキッとさせられてキースは自分に苦笑してしまう

瑠璃の額についた髪をそっとはらうと気持ちよさそうに目を閉じる

「眠いんだろ?」

無理させすぎたか…とちょっと反省する

何回イッたっけ…と数え始めたが瑠璃はそれ以上だと思い出してやめた

「お風呂…入りたい」

「ああ…わかった」

そう言うとキースは瑠璃を抱き上げてバルコニーの露天風呂へと歩いて行った

瑠璃はキースの首に腕を回して全体重を預ける

それでも軽いものだ

露天風呂を作っておいてよかったと湯船に身を沈めながら思う

シャワーでさっと汗を流すのもいいが、こうしてゆっくりと時間をかけて体を休めることの大切さが身に染みる

瑠璃はキースの横で目を閉じて同じく堪能しているようだ

見上げれば月食が開け始めているのか、さっきより見えている面積が増した気がする

「このまま満月に戻ったら…」

「え?」

「何でもねぇよ…」

まだ裸が見たいか…

自分で呆れて笑ってしまう

「なんで愛人なんか作るかな…」

ふと愛人と子供を作ったが為に複雑な家庭環境を生み出したマグレイン家を思い出して、つい口にしてしまう

確かに自分は何人もの女性と付き合ってきた

だがダブった事はない

切れ目が無いだけだ

「面倒くせぇだけなのにな…」

「面倒くさくなかったらするの?」

瑠璃が意地悪そうな笑顔でキースの顔を覗き込む

「しねぇよ!…どうせバレるし」

「すること前提で言ってる?」

「しねぇって!」

意地になって答える

そして余計に怪しまれる

「大体あれだけしておいて浮気もなにもねぇだろ!

お前に全力を尽くせない事があったらすげー後悔するだろうな 絶対!」

「変な自信…」

「悪いか」

ふんっとキースが横を向くと瑠璃はふふっと笑って空を見上げた

「信じてますよ…」

そう言ってまた目を閉じる

「誰もが信じてる…それが裏切られたら辛いですね」

「それは…誰のことだ?」

「チェスターさんの奥さん…かな」

「リリィの母親か」

「ええ…彼女は知っていたのかしら…旦那様に愛人がいた事」

「どうだろうな…」

「だって自分が娘を産むより前に愛人であるニーナ様がティナさんを産んでるのよ…知った時は更にショックだわ」

「…そうか。愛人の方が先に子供できてるんだな」

勝手に逆のイメージがあったがよく考えたらティナの方が年上だ

「結婚したけどすぐに子供ができなかった…で先に愛人の方にできたってだけじゃねぇか?」

「なんか…嫌ね。子供ができなかったから浮気されたみたいで」

子供を、特に男を生まなくてはいけない使命を負う瑠璃だからこその感想か

「俺はお前に子供が出来なくっても浮気しねぇぞ!」

「当たり前でしょ」

「あ、ああ…当たり前だ!もちろん!」

意地になって言うキースに瑠璃は微笑みながら自分の腕を撫でた

そこには少し前まで自信がなさげでキースの愛情だけが支えだった瑠璃はいなかった

愛されている事が大前提でそこから強く生きていける

もう薄氷の上にいる感覚はない

しっかりと大地に足を着けている

そんな瑠璃の変化を安堵と愛情を持ってキースは瑠璃を見つめた

そしてゆっくり手を引いて自分の腕の中に包み込んだ



…月食が終わっていた…



~つづく~




拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ



Category - 第8章

1 Comments

オババ  

月食が終わったから仕切り直しですか?(((*≧艸≦)ププッ

薄氷の上に立ってる感覚のときに2回割ってるからねキース!!まあ、お互いにものスッゴク高い授業料払って成長したとしましょう(゜_゜)(。_。)(゜_゜)(。_。)

そうだよね……チェスター夫人はどう思ったんだろう。リリィ妊娠前にティナが産まれてるんだもん嫌だよね!!心もズタズタになって、で、リリィが産まれたら産まれたでお兄さん夫妻の養女に出さなきゃいけなくなって母親として育てることも接することも禁じられたら……正妻でありながら何故私は……って気が狂うよ!!なんかフィリップに始まりマグレイン家関係も身勝手な男と欲深い女のせいでグッチャグチャ(・・;)だからこそ言いたい「滅べば!?」←

2020/05/24 (Sun) 10:22 | REPLY |   

Post a comment