FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

アルさんのSTAY HOME~3~

庭に大きな段ボールを運び終わった頃、私とロベルト様も合流する事にした

そこでは旦那様が張り切って指示をされていた

「そこは距離を取った方がいいな!密集するより優雅に空間を使おう!」

公務の時とは比べものにならない程の張りのある声が響く

「これって…何?」

ロベルト様があ然と見守る先でどんどん組み立てが始まっている

使用人達も説明書を食い入るように見つめては仲間に指示を出している

「ねぇルーちゃん、これってテント?キャンプするの?」

「半分正確~❗これはグランピングっていうの」

「グランピング?アル、知ってる?」

ロベルト様が私を見上げるが残念ながら私もわからなかった

「え~?二人とも知らないの?今超流行ってるんですけど」

ルーティア様が目を丸くして驚かれる

「お義父様~ロベルトもアルさんもグランピング知らないんですって」

その声に旦那様が駆け寄ってくる

「こんなに世間で流行っているのに知らないのか?ロベルト、それはダメだぞ!民衆の声をちゃんと理解するという姿勢を王家は見せないと!」

思いっきり胸を張る旦那様

「ようは流行ってるものにソッコーで乗っかった訳ね」

「なぜ流行るのかという市場調査だ!」

「はいはい…」

こうなったら旦那様は引かない

これが逆の立場であっても結果は一緒だ

つまり私がやることは変わらない

後は諦めてさっさと仕切る事だ

「力のある者は組み立てに回れ!小物はメイド達で整えて!」

私は説明書を手にして、これが通常のテントよりかなり巨大で、色々な形があることを理解し

なおかつテント内にはソファやベッドなどもおけるインテリア性に富んだものだと分かったので、組み立てに男の使用人を配置し、メイド達にソファやクッションのセットを当たらせた

「ロベルト、お前も手伝え!」

「わかったよ!机で電卓叩くよりよっぽどいいや!やろう!」

旦那様の声でのロベルト様の切り替え方に突っ込みたいところだがこの際放置する

「シェフの皆さ~ん!バーベキューの用意お願いねぇ!」

「はい!」

ルーティア様の掛け声でキッチンの者達も生き生きと声を上げる

こうして数種類のテントと内装が完成し、更にバーベキューセットや、ピザ焼き用の石窯までが庭に現れた

「父さん!さてはこの前の他国の王子を呼んで親交を深めるっていうノーブル様のミッションでジョシュアがリバティの庭でピザを食べたって聞いたね!」

「ああ、ジェームスがやたらジョシュア王子と語らった事を嬉しそうに喋るからなぁ~庭でピザとシュラスコでワインだったらしいぞ」

「それをアレンジすることなく全く素直に同じセットが欲しかったんだね…」

「アレンジ加えてるじゃないか!ジェームスは普通のテーブルだけだぞ!うちは豪華に流行のグランピングだぞー!どうだ!あ、ジェームスに写メ撮って送ろう~!」

そう言って携帯で写真を撮りに行かれた

「これに対抗してキースパパがまた乗っけてやらなきゃいいけど…」

「リバティの国王様は大人でいらっしゃいますから…」

「だといいけどね」

今日はやけにロベルト様が大人に見える

が、一抹の不安が過ぎる

旦那様とリバティの国王様の張り合いがこのままロベルト様とキース様が引き継がれるような気がする

おそらく国王様同士より過激になるだろう

それぞれにお子様が生まれたらその遊び方で同じ事が起こる近未来の映像が確実に浮かんだ

…今度リュークさんと話し合っておこう…




私は黙々とテントの点検と進んでいくバーベキューの準備をチェックするのだった



~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ



Category - 番外編☆執事編☆

3 Comments

リン  

………………(¬_¬)

なら、お部屋のテラスはどうでしゅか?瑠璃様のロマンチックをという思いにこたえましょう!!

2020/06/06 (Sat) 18:47 | REPLY |   

キース  

おお!いいな!

ん?待てよ?外から丸見え…?

それはだめだ!なぜって…だめだからだよ!

2020/06/06 (Sat) 18:29 | REPLY |   

リン  

キース様こんなのどうでしゅか?全面ガラス張りのドームをお庭にセッティングするというのは?虫に悩まされることもありましぇんし、冷房もちゅけて夜は蝋燭の灯りだけで瑠璃様と夏の夜空を眺められましゅよ🎶

2020/06/06 (Sat) 14:57 | REPLY |   

Post a comment