FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-73話

Category - 第8章
リリィが高校2年の頃

キースの噂が耳に入ってきた

飛び級制度を利用して高校を飛ばして大学のカリキュラムに進むらしい

それを本人に聞いてみるといとも当たり前だというように返事が返ってきた

「チンタラ高校の授業なんか受けている暇はねぇんだよ。さっさと大学卒業して公務に専念したいんだ」

「別にそんなに急がなくったってまだ国王様がいらっしゃるじゃん」

「父上は関係ない。同盟国の王子はオリエンス以外みんな年上だ。公務に早くから携わってる。あいつらに負けるわけにはいかねぇんだ」

「ふ~ん…」

キースの話をリリィは大して重要と思わずに聞いていた

自分の恋人は出来がよくって飛び級で大学に進む

この先王位を継承することも決まっているし、その事に対して前向きだ

人生順風満帆…

自慢こそすれ不安などなにもない

「お前はどうするんだ?この先」

キースはキャンパスの芝生に寝転がったまま隣に座るリリィを見上げた

「えー?とりあえず高校は卒業するわよ。このまま行けば卒業できるし~キースと一緒の大学に行きたいけどぉ~」

リリィは投げ出した足の先を見ながら体を揺らす

「お前の頭じゃ無理だな」

「女がそこまで頭いいと嫌みになるじゃん」

そういえば…とリリィは思い出した

「お姉様はシャルルの大学にを行くみたい」

「シャルルの大学?どこだよ」

「シャルル王立Les quatre vents( レ・キャトル・ヴァン)大学だって」

「キャトルヴァン?結構レベル高いぞ。っていうかエミリーはガッツリ働く気なのか?エドワードのお妃候補が行くような学校じゃないぜ」

キースは目を丸くして上半身を起き上がらせた

「そうなの?エドワード様推しの大学かと思った」

「エドワードはそんなに大学にこだわりねぇよ。あいつは自分の好きになった女が理想の女ってタイプだから大学がどこだの、どこの貴族だの気にしないさ

いっそキャトルヴァンって大学すら知らねぇかもな」

「そうなんだ…」

「エミリーはエドワードの秘書にでもなるつもりか?他国の王室の中核もいる大臣連中もキャトルヴァンの出身者多いからな」

「秘書…か」

リリィは揺らしていた体を止めて真っ直ぐ前を見た

そうか…とリリィは心の中で舌打ちをした

わかっていた

エミリーはエドワードのお妃候補として育てられてきたが実はキースが好きだということを

昔からそうだ

エミリーが欲しいものをリリィが横取りしてきた

エミリーから取ることが快感だったのだ

だがエミリーは怒ることもなくずっとガマンするような性格だった

リリィの為にガマンしたことがわかると両親はエミリーを褒めてガマンしたものを与えていた

エミリーが欲しいものを手に入れて更に両親から褒められる事が気に入らなかった

さすがにキースだけはそんな訳にいかない

エミリーはエドワードのお妃候補でいることでリリィを安心させ、本当は好きなキースのそばにいたいがために公務でそばにいられる道を選んだのだろう

そこはリリィが届かない場所だから…

「そんなの…私が王妃になったらこき使ってやるだけなのに…バカなお姉様…」

リリィはニヤリと口角を上げて天を仰いだ

「私はプリンセス修行を頑張るわ!勉強よりダンスや美容でしょー」

「なに訳のわかんねぇ事言ってんだ…」

あきれるキースは大きく伸びをした





その頃瑠璃はキャトルヴァン大学に行くための高校を決めていた



~つづく~




拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 第8章

7 Comments

chika  

和太鼓はうちの近所でもずっと子供達のブームです😁😁

2020/06/13 (Sat) 19:37 | REPLY |   

匿名希望  

和太鼓って😅

私と書きたかった。
何故和太鼓になったかと言うと娘の高校の音楽の先生今まで部活の顧問が和太鼓で、赴任してきて吹部の顧問になったから、うんぬんかんぬんを友達とLINEしていて、わを変換したら和太鼓に😂失礼しました。

2020/06/13 (Sat) 17:56 | REPLY |   

シェリル  

お姉様ってばなんでも器用にこなせるんだから!
そのミキサーってスープができるのね!スムージーもできるのかしら?和太鼓も作ってみたいわ。
(ジェームス君あわあわしている💦)
先日、シュラスコに味をつけて焼いたのよ。上手くできたと思うのよね。ジェームスってば凄く美味しいって喜んでくれたの❤️ね、美味しかったわよね?
ジョシュア王子もとても喜んで下さってワインとよく合うって沢山召し上がってたわよ。

2020/06/13 (Sat) 17:52 | REPLY |   

chika  

リリィは全く120%自分が悪いと思ってないから、というか自分は正しい!

瑠璃が病室にきた時を副音声すると…

私が欲しいものはみんなが私に譲ってくれて当然!
私が幸せになになれば皆も幸せでしょう?

そういう強さが無いお姉様は親の加護がなければ生きていけない可哀想な人なの
私は色んな人に愛されるし~いつも誰かが助けてくれるから生きていけるの💓贅沢だってできるの💓
お姉様って大人しいからそういう人脈もないし…だからお姉様はアルフォード家でどうにかしてよ

お金あるんだからできるでしょう?


…と思っているかどうか(笑)

2020/06/13 (Sat) 16:06 | REPLY |   

アンジェリーナ  

私は料理得意ですわよ!

スープもつくれるわよ

このミキサーっていうの?ここにシェフが用意した材料を入れて、蓋をしてスイッチオン🎵🎵

できたらもっと滑らかにするのにコレに通すんでしょ?はいリチャード持ってて❗

ほらできた💓

2020/06/13 (Sat) 15:56 | REPLY |   

オババ  

近くにいたら殴り飛ばしてる(゜o゜(☆○=(-_- )゙なんだよプリンセス修行がダンスと美容って💧

でも、ふと思う……エミリーの欲しいものをとるのが快感だったという根性腐ったリリィが、瑠璃ちゃんが病室にいったときに言った姉思いの妹のようなセリフは演技か!?自分も全部失うけど、姉が失うのに罪悪感なんて微塵も感じないんじゃない?

2020/06/13 (Sat) 14:45 | REPLY |   

あや  

この娘は。王妃の仕事をとんでもなく勘違いしてるね。
お姫様と思ってるのかな。公務ってニコニコして頷いてるだけが仕事だと思ってるのかな。
美容や容姿も大事だけど、教養や語学などの知識や知性があってこそ磨かれると思うんだけどなぁ。
シェリルちゃんはお料理はできないけど😂
娘溺愛のお父様かだからどこに出してもおかしくない恥ずかしくないように育ててると思うわぁ。
勿論アンジーちゃんからも厳しく躾けられたと思う😂

2020/06/13 (Sat) 14:03 | REPLY |   

Post a comment