FC2ブログ

Welcome to my blog

夢恋城へ…ようこそ…

Article page

第8章-112話

Category - 第8章
なんとか瑠璃に接触しようとしたアンドリューだが、近づこうとする度にキースは当然だが

横からウィルをはじめ5ヶ国の王子が瑠璃の手を取って行ってしまう

まるで意識してアンドリューから守るように…

結局この日は一度も瑠璃にと接触することなくパーティーは終わってしまった

「次の機会を…いや、待つこともないか」

アンドリューはニヤリと笑ってその日はミッシェル城を後にした



エミリーの苛立ちは日に日に増していた

ミスキャンパスで自分に勝った瑠璃がキースと親しげにしていた事に加えて

大学に特別講師としてエドワードが来たのも瑠璃からの依頼であったことを知ったのだ

自分だってエドワードと繋がりはある

大学に特別講師としてきてくれないかと頼む事はできたはずだ

だがエミリーにその発想はなかった

エドワードはお妃候補の相手という以外、想像ができなかった

瑠璃はエドワードのお妃候補でもないのにエドワードに頼むことができて、更にエドワードも了承したのだ

自分よりずっと王子達の近くにいる…

キャトルヴァン大学にいるという事はエミリーと同じくキースの側近になろうと思えばなれる

キースの恋人でキースの側近でエドワードと親しくできて…

それはリリィの時とは違う近さだった

現実味のあるお妃候補…


更にエミリーを追いつめた出来事が起きた



大学にアンドリューが現れたのだ

もちろんエミリーに逢いにではない

真っ赤な薔薇の花束を抱えたアンドリューが大学の前に現れたのだった



~つづく~





拍手をポチッと押していただけると嬉しいです󾬏
私の明日からの活力になります┏○ペコッ


Category - 第8章

1 Comments

オババ  

意識してじゃなく、ダンスパートナー争奪戦が繰り広げられてるだけだから(笑)

アンドリューは接触出来なかったよね?……してたら瑠璃ちゃん忘れるはずないもんね。薔薇の花束抱えてアンドリューが瑠璃ちゃんに会いに来たとしたら……エミリーを暴走させる最後のひとおししたよね💧キースの恋人で、ミス・キャンパス優勝して、エドワードと親しくて、どう考えてもお妃候補に見えるところに自分の味方である(と思ってる)アンドリューまでが瑠璃ちゃんに興味を示したら……ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ事故をおこした主犯はエミリーじゃん!!女の嫉妬!!!

2020/07/28 (Tue) 10:17 | REPLY |   

Post a comment